2018年03月08日 23:00

「猫の戦闘力が上がりそうなタワーを作ってみた…」お似合いだと好評

 

猫の隠れ家00
飼い猫にタワーやベッドを用意する人はいますが、ダンボールを利用して猫の隠れ家を構築した人がいました。

少し趣向の変わった猫タワーをご覧ください。

Made a hideout for my cats

猫の隠れ家01
猫がちょこんと顔を出しているのは、「スナイパー・タワー」と名付けられたライフル付きの箱。

ダンボール製ですが、猫の鋭い目つきにピッタリかも。獲物は逃さないという真剣なまなざしに思えます。

下段の箱は要塞とありますが、ほとんどがダンボールの再利用なので非常に安上がりに済んでいるそうです。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●「ニンゲンの権力など、わが要塞の前には役立たずニャー!」

●「キャンプするやつは嫌いだ。今すぐやめてもらうニャー!」

●「わかってた、自分はもう包囲されてるってことを……。撃ち続けろ、バカ野郎どもニャー!」

●その猫の顔の模様が気に入った。

↑きっとそれは猫にとって戦闘用のペイントなんだ。

●「向かう、犬の要塞、どうぞ」

↑レッド・ロブスター準備完了……。

↑ブルー・バッファロー準備完了……。

●その猫はニンジャなのか、あるいはその要塞の横に穴があるかだな。

●正解:猫は上のパネルを1枚外して、天井に消えていく。

●そこまでどうやって上っているんだい?

(投稿者)棚の横に大きなポールがあり、それを伝って登っている。下段の箱には横穴もある。

(投稿者)自分が作ったものと疑う人がいたので。
猫の隠れ家02

●別のスナイパーキャット
猫の隠れ家03


冷静に見下ろす猫の表情にお似合いだと、おおむね好評でした。

とても得意げそうに利用しているのもいいですね。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(4)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。