2018年03月11日 21:06

自転車に乗って「巨大なアート」を描くカナダ人…壮大なスケールの作品

 

ビケランジェロ00
ミケランジェロと言えば、イタリア・ルネサンス期を代表する芸術家ですが、その名前を文字って「ビケランジェロ」“Bichelangelo”と呼ばれるカナダ人がいます。

理由は自転車“Bike”とGPSアプリを使って、地図上に巨大な絵を描くサイクリスト&アーティストだからです。

作品をご覧ください。

Bichelangelo

ビケランジェロ01
カナダの地図にティラノサウルス!

これはスティーブン・ルンドさんが自転車で通ったところを“STRAVA”というアプリでトラッキングして描いたもの。

ルンドさんは他にもたくさんの地上絵を描いてきました。

ビケランジェロ02
さらに躍動感のあるティラノサウルス。

ビケランジェロ03
ステゴサウルス。

ビケランジェロ04
ミケランジェロといえばダビデ像。

ビケランジェロ05
リオデジャネイロのキリスト像。シンプルなのに再現度が高い!

ビケランジェロ06
サイクリストが描くサイクリスト。

まさに現代版のナスカの地上絵。こうした目的があるとサイクリングがより楽しくなりそうですね。

海外掲示板のコメントをご紹介します

●きっとBikeはBichaelの短縮語なんだよ。
(※MikeはMichaelの短縮語。ミケランジェロはMichael+angel“天使”)

●これは興味深いアートだね。

●彼の地上絵はBBCでも取り上げられていたよ。
ビケランジェロ07

●この男が自転車で走っているところを想像してみろよ。明確な行き先もなく、常に方向を変えてばかりだぞ。

●地上の線を描くことはまるで不必要なのに、作りあげたってところが気に入った。

↑いったいどこの都市?

↑見た感じはカナダのビクトリア。

↑わお! うちの前を通ってる!


アートは自由なものですが、こんな着眼点があったとは驚きです。地元の道路でどんな絵が描けるか確かめてみたくなりますね。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(2)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。