2018年03月24日 16:30

「道路で魚釣りをしている『犬』に停められた!」→どういうことかと思ったら…

 

道路で犬が魚釣り00
こちらは道路のど真ん中に犬がいて、走行中の白いバンが停車せざるを得ない状況。

何をしているのかというと……魚を獲っているんです。

"Heck you van, I'm fishing here!"


salmon crossing, this is why they are called dog fish - YouTube

道路で犬が魚釣り01
犬が道路でバシャバシャとしていると思ったら、くわえているのは大きな鮭!

道路で犬が魚釣り02
次々に水浸しの道路を渡っていく鮭たち。道路を横切って産卵場所を目指しているようです。

道路で犬が魚釣り03
そのままトコトコと歩き去る犬。

飼い主か仲間のところへ持って行くのでしょうか。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●「犬に魚を与えるとその日のエサになる。犬に釣り方を教えると、犬の仲間はみんなタダで食える」
(※ことわざ「魚を与えるのではなく、魚の釣り方を教えよ」)

↑みんなのお腹をふくらまそう。

●以前、池を見て魚が飽和していると思った。そして「極端な天候」となっていた。思うにこれがそうなんだと思う。

↑トルネードが魚を拾ってくれ、また湖に落としてくれるだろう。

↑サメも連れてくる?

●犬よ、魚を持って来てくれ。

●おーまいがっ!
鮭が車とぶつかるなんて聞いたことがなかった! その犬はとてもおもしろい。魚をまるごと全部食べるのだろうか。

↑そりゃあ全部は食べない。食べたら次の日に困る。

↑多分君はラブラドールは飼ったことはないな。吐くまで食べるよ。

●鮭の交尾はもっとも激しい労働で、見返りは小さい。文字通り彼らは6つのマラソンに参加して、行く手に遭遇する全てのものに殺されていく。鮭こそ子どもを持たない人生を考えるべき。

↑楽しそうに思えるけどね。

↑1匹の鮭は車の下をくぐって泳げると思ったようだ。

↑加速をつけるためにもっと長い助走が必要だ。

●そこには「魚が渡る」標識が必要。

↑魚はどこを渡るかわかっているようだ。

●犬が鮭を持って帰ってくることを想像してみよう。いい子だ。


鮭が産卵期に川を遡上することはよく知られていますが、道路まで超えなくてはならないとは想像以上に過酷ですね。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(3)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。