2018年03月31日 22:01

ナスが英語でエッグプラント(卵の植物)と呼ばれるのがよくわかる写真

 

ナスを英語でエッグプラントって呼ぶ00
ナスを英語で“eggplant”(卵の植物)と言いますが、いまいちピンとこない人も多いのではないでしょうか。

なぜ卵と呼ばれるのか……納得のいく写真をご覧ください。

Before they're ripe it's easier to understand why they're called eggplants.

ナスを英語でエッグプラントって呼ぶ01
卵がなってる!

ご存知の人もいると思いますが、これは成長過程ではなく、紫色素ナスニンを持たない白ナスという品種でアメリカではポピュラーだそうです。

ナスを英語でエッグプラントって呼ぶ03
白ナスにも品種はいろいろあり、縦長の物も。

ナスを英語でエッグプラントって呼ぶ02
丸いタイプは、卵と並べても区別がつかないほど。

アメリカには最初に白ナスが伝達したために、エッグプラントと呼ばれるようになったようです(茄子の原産地は東インド)。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●「卵が先かニワトリが先か?」
「いやいや、卵は植物からだよ……」

●いつもなぜそう呼ばれるのかと思っていた。

●エッグプラントってのは、オウバジーン”Aubergine”(イギリス英語でナス)より納得がいく。今回はお前らアメリカの勝ちだ。

↑勝ちはいただく。勝てるときはいただいておかないと。

↑女性のホッケーに勝ったところじゃない?

●これって白いナスじゃなくて?(違う種類?)

↑そうだよ。

↑それでいつニワトリが入ってくるの?

↑ニワトリが受胎させるんだ。

●どうももともとエッグプラントはこの種類を指して言っていたのだが、その後他の品種に広がっていたんだ。

●もともと最初にパンダと呼ばれていたのに、「レッサーパンダ」と呼ばれるようになったというのに近い。ちなみにパンダは「竹を食べるもの」という意味である。

●こういう野菜は「睾丸」と呼ばれて欲しいな。

↑アボカドにはそういう意味があるよ。ナワトル語でね。

↑ベトナム語では”Ca dai de”と呼ばれ、それは「ヤギの睾丸の実」という意味がある。

●野菜と思われているけれど、ナスは果物の実と分類される。

↑根、葉、茎=野菜
楕円形=果物
マッシュルーム=ムカムカする


卵そっくりの白ナスを食べてみたくなりますね。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(2)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。