2018年04月12日 20:27

21歳の女性「341日間に渡るガンとの戦いに打ち勝ったの!」と笑顔で報告…世界中から祝福を受ける

 

ガンとの戦いに勝った女性の表情00
医学が進歩してきたとは言え、いまだ死亡原因の1位であり治療の負担も大きいガン。しかしながら負ける人ばかりではありません。気丈に戦って勝利宣言をする人もいます。

「私は21歳ですが、341日間に渡るガンとの戦いに勝ち、正式にガンは存在しなくなりました」と笑顔で海外掲示板に報告した女性が、世界中のネットユーザーから祝福を受けていました。

Hello Reddit world, I’m back! My name is Lexi, I’m 21 years old, and after 341 days of fighting I’m officially CANCER FREE!

ガンとの戦いに勝った女性の表情01
満面の笑みです。

長く苦しい戦いを克服した、心からの笑顔。

若くしてガンに冒されるだけでもつらいですが、なんとステージ4からの完全寛解なのだそうです。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●なぜ君の靴には靴ひもがないんだ。

↑きっとトレーナーに使ってしまったんだ。

(投稿者)それは正しいわ。

↑たしか違法だったような。

↑純粋な疑問だけど、靴ひもがないのは化学療法と何か関係はあるの?

(投稿者)全くないわ。単に簡単に履ける靴が好きなのと、ファッション的にも気に入っている。

●わあ!
あなたの以前の投稿を覚えてる。病気に打ち勝つ投稿を心待ちにしていたよ。ああ、おめでとう。

↑なんてこった、ステージ4だって? いったい打ち勝つために何をされたんだい?

●ずっと笑顔でい続けてください。

●自分もガンが消失してから4年が経つ。24歳で診断を受けた。冷や水を浴びせるわけではないけれど翌年は結構大変。気持ちを強く持ってね。がんばれ。

(投稿者)もう「新しい普通の生活」に戻る準備をずっとしているわ。秋には大学に戻る。簡単ではないと聞いているけど、準備はできているの。ありがとう!

↑すばらしい。大学生活を楽しんで。自分の好きなこと(パーティ、読書、授業)をするんだ。必要なときにはいつでも声をかけて。

●自分も去年ガンに打ち勝ったところ!

●あなたの前回の投稿では、医者に30%の生存率と言われたとの説明だった。そんな状況は想像もつかないが、そのオッズに打ち勝てて本当によかった。

↑生存率を告げられるとき、それがどんな低くても、それがどんなに小さくても、そしてそれがどれほど取るに足らない数字でも、いつも、文字通りいつも自分を起き上がらせ、高いところに立ち、肺にあるすべての息を使ってこう言うのだ。
「私にチャンスがあると言ってるのですね」と。

●おめでとう!
自分は20歳で、現在ホジキン(悪性リンパ腫)と戦っているところ。あと4回の手術が控えていて、待ち切れないほど。

(投稿者)がんばって。最後の手術は永遠に終わらないと思うほどだったけど、乗り越えられるからがんばって。

●自分はガンと戦ってもう645日目。ようやく軽減するという日にガンがまた戻ってきました。どうやって軽減したらいいの?
それからもし治療を楽にする方法があるならとり入れたい。自分は16歳で14歳のときに診断を受けました。

(投稿者)安っぽい響きだけど、ポジティブな態度で、多くの時間を家族や友人と過ごすことが私には助けになった。治療から気をそらすためにYouTubeをたくさん見た。がんばって! あなたのことを祈っています。


彼女のポジティブな表情が、多くの患者の支えにもなっていました。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(2)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。