2018年04月20日 20:18

「ロシアの横断歩道では…車と人間の関係がちょっと違う」他の国では考えられない光景

 

ロシアでは歩行者が車をはねる00
路上では人間が弱者であり、車にひかれない(英語で“hit”)ように保護されるべき存在です。

ところがロシアでは、両者の立ち位置が替わることもあるようで……。

人が車を“hit”していました。

In Soviet Russia, pedestrian hit car


Барнаул. - YouTube

ロシアでは歩行者が車をはねる01
ロシア中部バルナウルの交差点に車が差しかかると、男性が横断歩道を渡っていました。

ロシアでは歩行者が車をはねる02
なんか、タダならぬ雰囲気なんですけど!

ロシアでは歩行者が車をはねる03
すごい形相で近づいてきました。

ロシアでは歩行者が車をはねる04
拳を振り上げたと思ったら……。

ロシアでは歩行者が車をはねる05
ボンネットにパンチがっ……。

ロシアでは歩行者が車をはねる06
さく裂!

ロシアでは歩行者が車をはねる07
「おい、お前」

ロシアでは歩行者が車をはねる08
「横断歩道はちゃんと停まれよ」

ロシアでは歩行者が車をはねる09
そのまま颯爽と立ち去って行きました。

車側が青信号なので歩行者が強気すぎではないかとも思いましたが、この青い標識は「歩行者横断優先」だそうです。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●まるで彼はこれからWWE(アメリカのプロレス団体)の面接でもするのかのように街を闊歩しているな。

↑「いいかよく聞け、ブラザーーーーー!!」

●「オレ様がここを歩いているんだ!!」

●「免許証を取り上げられたって、まだ怒りを爆発させることはできるんだ」

●手を叩いて、まるで「よし、やってやろうじゃないか」という感じなのが気に入った。

↑車のほうが青信号だったことを考慮すると多分それが正しいな。

●これがどこかよくわからないが、オーストラリアでも頻繁に起きる。

●クレイジーなロシア人は、みんな「ダイハード」の取り巻きみたいに見える。

↑クレイジーなロシア人として言わせてもらうと、「ダイハードの雑魚」へ格下げされるのは傷つく上に失礼だと思う。

●どれだけその手を痛めたのだろう。


ときどきハンドルを握ると人が変わったようにアグレッシブになる人はいますが、歩行者でアグレッシブなのは、さすがロシアというところでしょうか。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(8)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。