2018年05月01日 23:20

「友達のいる人に質問、どうやって作ったの?」興味深い回答いろいろ

 

友だちのいる人に質問
友達を作るのが苦手だという人は、たくさんいるかと思います。

海外掲示板に、
「友だちのいる人、いったいどのようにして友だちができたのですか?」という質問の投稿がありました。

回答をご紹介します。

People that have friends: How?

●社交的な人が見つけてくれて、引き合わせてくれる。

↑どうしたらその引き合わせてくれる人と関わりを持てるんだい?

↑残念ながらそれは宝くじシステムと似ている。単に運が良かったという理由で拾われた。

●いろいろなところへ行く。ずっと生き続ける。それがどんなに不安になろうとだ。どこかに現れ続けたり、参加し続けたりすると、いつか気にかけてくれる人が見つかる。
さらに付け加えると、悪い人になってはいけない。人を追い回したり、嫌がらせをしたり、人をからかったりしてはいけない。上から目線になったり、相手を性の対象にしてはいけない。

↑最後のところがみんなトラブルになる。ちょっと気持ち悪がられる人は、その辺の自制ができない。

↑実際は最初のステップのほうが問題の人のほうが多い。

↑自分も最初のステップが問題だ。友人がいないとは言わないが、何か行動をするモチベーションを持つのが難しい。
何もしないで家にいるほうが楽しいが、ひとりぼっちでみじめにもなる。だから無理矢理いろいろなところへ出かけるが、正直に言うとそれは大変で疲れる。ただ少なくともみじめにはならないので、ましなのかな。

↑多くの場合、異性を友だちと言うときは性の対象として期待している。

↑自分は人に言われるまで、自分が気持ち悪いと気づいていなかった。

↑自分も同じだ。

↑友人から、気持ちが悪いし、人を居心地が悪くさせると言われた。
前は人が自分を必要としているかわからず、邪魔なときも話し続けたり、自分の研究の話をしたりして、相手の居心地をどんどん悪くしたようだ。
役に立ったのは、ボディランゲージ(しぐさ)を読むという本で、人が居心地が悪そうになったら引けるようになった。ときどき読み返している。
役に立ったキーポイントは、居心地の悪い人は、こちらが話しているときに腕を組んだり足を組んだり、顔を背けたりするということ。

●人付き合いの苦手な知人がいて、彼は面白くて優しいのだが、友人を作るのもキープするのも苦労している。そこで自分にアドバイスを求めてきたんだが、いろいろなところに行ったり参加したりするように言った。
彼は誘いを受けるが行かないんだ。そこで誰かに何かを誘われたら行くようにと。それが最も速く、簡単に友人を作る方法だ。そのように考えてみることを伝えた。
もし自分が相手を何度も誘って、相手が現れなかったらどんな気持ちになるだろう。きっとそのうちに誘わなくなるだろう?
友人関係は人生のほかのことと同じで、努力をしなくちゃいけない。

●友人がいないと文句を言う人ほど、自分がひどい友人であることが多いのはクレイジーだと思う。参加しなかったり、ろくに返信しなかったり、「でも友だちがいない」と嘆いている。友人が欲しいなら友人になることに熱心にならなくてはいけない。

↑それから自分が情熱のあるものに参加するといいね!
いくら主張して足りないが、人は情熱が好きである。自分は最近仕事を変えたのだが、自分が情熱の持てるポジションについた。すると急にまわりの態度まで変わり始めた。

●誰かとしゃべるときに不安になってしまう気がするんだが、それが理由で自分も友人がいなかった。そこからとても役立つことを学んだ。
ほとんどの人は自分のことなんかどうでもよい。悪い意味ではなく、「いったい誰と何しようと誰が気にするんだ」という意味でだ。
声掛けに失敗して誰が気にするのかってこと。本当に誰も気にしない。脳が本能的に自分に失敗することを嫌がっているだけだ。やってみるといい。できる。

↑それについての格言があったよ。「人が自分のことをどう考えているかは、どれだけ関心を持たれていないかを知れば、気にしなくなる」

●文字通り「相手のことをよく知る」という部分を飛ばすこと。仲の良い友人がいるけど、どうして仲が良いかというと、最終試験のあと教室の外に立って、「ご飯でも行かないか?」と誰かが了承するまで全員に言い続けた。そのときは彼女の名前さえ知らなかった。

●どんな誘いにでも断らないことだ。

↑それに同意せずにはいられない。外には必ずとても外交的な人がいて、向こうがやってくれる。

↑自分はどこにも誘われないなぁ。

●たとえばボードゲームをする人はとにかくゲームをする人を必死で探している。そして人懐っこくするためのモチベーションがある。

●ステップ1:動物保護センターへ行く。
ステップ2:引き取りの手続きをする。
これで世界で最も良い友だちができるんだ。


様々なアドバイスが寄せられていました。友人作りに苦労している人は試してみてはいかがでしょうか。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(3)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。