2018年05月10日 14:30

アメリカ大統領のシークレットサービスは本人がコードネームを命名する…歴代の名称いろいろ

 

大統領のシークレットサービスのコードネーム00
各国の要人の周囲には、常に黒服のシークレットサービスがいて、厳重に警護しています。

アメリカ大統領の場合は、本人がシークレットサービスに好きなコードネームを付ける慣例があるのだとか。(※大統領候補となった時点で要人警護の対象になり、政府当局のシークレットサービスがつく)

歴代アメリカ大統領とその家族に配備されたシークレットサービスのコードネームをご紹介します。

大統領のシークレットサービスのコードネーム01
ドナルド・トランプ大統領は“Mogul”(大物・権力者)

大統領(候補)のファミリーにもシークレットサービスは用意され、同じ頭文字のコードネームを付けるのが普通だそうです。

ファーストレディであるメリンダ・トランプ夫人は“Muse”(芸術の女神)

大統領のシークレットサービスのコードネーム02
娘のイヴァンカ・トランプさんは“Marvel”(驚異、不思議)。

大統領のシークレットサービスのコードネーム03
バラク・オバマ“Renegade”(裏切者、背教者)
ミシェル・オバマ“Renaissance”(ルネサンス)

大統領のシークレットサービスのコードネーム04
ジョージ・W・ブッシュ“Trailblazer”(先駆者)
ローラ・ブッシュ“Tempo”(テンポ)

大統領のシークレットサービスのコードネーム05
ビル・クリントン“Eagle”(イーグル)
ヒラリー・クリントン“Evergreen”(常緑樹)

大統領のシークレットサービスのコードネーム06
ジョージ・H・W・ブッシュ“Timberwolf”(シンリンオオカミ)

大統領のシークレットサービスのコードネーム07
ロナルド・レーガン“Rawhide”(西部劇「ローハイド」)

大統領のシークレットサービスのコードネーム08
ジミー・カーター“Deacon”(執事)

大統領のシークレットサービスのコードネーム09
リチャード・ニクソン“Searchlight”(サーチライト)

大統領のシークレットサービスのコードネーム10
ジョン・F・ケネディ“Lancer”(槍騎兵)

以上、アメリカ大統領&夫人のシークレットサービスのコードネームでした。本人が命名したものだけに人柄や趣味が透けて見えますね。

番外編として、以下は英国王室のもの。

大統領のシークレットサービスのコードネーム11
エリザベス女王“Kittyhawk”(キティホーク)

大統領のシークレットサービスのコードネーム12
チャールズ皇太子“Principle”(原理・原則)

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(5)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。