2018年05月11日 11:44

「公園の池に謎の板が置いてあると思ったら…命を救うものだった」

 

謎の板00
公園の池に無造作に置かれた、こちらの板きれ。

なぜそんなところに板が置いてあるのかと不思議に思っていると……命を繋ぐものでした。

その理由をご覧ください。

On a run at the park wondering what this plank was for when.

謎の板01
おや、カモの親子が現れました。

謎の板03
羽を広げて飛翔する母ガモ。

謎の板04
そう、お母さんは飛んで登ることができるのですが……。

謎の板05
ヒナ鳥たちは、この板が無ければ置いてきぼりになってしまうところでした。

謎の板06
誰かが親子が生き別れにならないようにするため、気を利かしてくれたようです。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●これ以上他に高貴な木の使い方はないだろう。

(投稿者)全くその通り。

↑板の上をウォウォウォウォウォークしよう。

↑そのシーソーにつまずくまでは大丈夫。

●雨に濡れているよ。

(投稿者)ここはシアトルなので、少々の雨ではめげない!

↑ベルビューパークだよね? ショッピングモールの後ろだよね。

(投稿者)そうだよ!

●どんでん返し:母ガモがそこに置いたんだ。彼らは進化していてそのうち世界を乗っ取るんだ。

●2羽しかいないの? 自分がこのスレで学んだのは通常12羽くらいいること。

●前の職場のそばには大きな池が2つほどあった。母ガモはいつも10羽くらいの赤ちゃんから始まり、最後には1羽か2羽になっている。みんな赤ちゃんカモが好きなので、ちょっと悲しい。

●池に板が置かれているときはカモの子が近くにいるので興奮するよ。


ヒナ鳥を連れて歩く水鳥の姿はほのぼのしますが、常に厳しいサバイバルにさらされているとのことです。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(2)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。