2018年05月13日 21:33

トランプ大統領「他国の薬は不当に安すぎる」と非難…波紋を呼ぶ

 

トランプ大統領「法外に安い値段」
アメリカの医療費や薬の価格が、他国に比べて異常なほど高いことはよく知られていますが、それをトランプ大統領が「よその国が安すぎるせいだ」と非難したことが波紋を呼んでいます。

海外掲示板の反応を含めてご紹介します。

US President Donald Trump has accused foreign governments of extorting "unreasonably low drug prices" from pharmaceutical firms.

他の先進国に比べて、1人当たりの医療費が2〜3倍となっているアメリカ。トランプ大統領が医療薬などの価格を下げる選挙公約を果たすために、圧力を掛けていると言われています。

トランプ大統領は、問題の一因は他国の医療薬が不当に安いせいであると非難しました。

これに対し専門家は、海外の医療薬の値段がアメリカのコストに直接影響はしておらず、変化があったとしてもアメリカ人を助けるものではないとの見方をしています。

アメリカの医療費高騰の解決を他国の薬の価格に向けたことで、海外からは反発の声が上がっています。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●トランプ大統領が薬の値段を下げると公約したのは、単に海外の値段を上げると言う意味だったんだな。相対的にアメリカ人が自国の薬を安いと感じるように。

●「医療関連会社などの株価が、大統領のスピーチのあと急伸した」
自分は経済専門家じゃないが、これが製薬会社にとって追い風になるとも思えない。

●ジェネリック医薬品はカナダでは残るよ。なぜならアメリカの巨大製薬会社が請求する金額を誰も払えないからだ。

↑アメリカの医薬品の値段は異常だよ。最近エンチフルゾンを処方された。アトピー治療などに使うステロイドなんだが、ボトル1本で900ドル(約10万円)して保険でカバーされない。ジェネリックでも224ドル(約2万5000円)でそれも保険でカバーされなかった。
それでフランスで医師をしている父親に、そっちでいくらか聞いてみたら、15ユーロ(約2000円)だったので送ってもらうことにした。アメリカの製薬会社はストレートに泥棒だよ。

↑ジェネリック医薬品は、馬鹿げた製薬会社の請求額を払いたくない世界なら、どこでも当たり前だ。

●鉄鋼、アルミ、石油、そして今は医療薬だ。株ボーイたちがトランプに株価を上げるのを手伝わせているようだ。いえーい、金を見せてくれ、とね。これから医療費が高騰するのを予測するよ。鉄鋼や石油もどんどん上がる。

↑トランプは医療薬を追っているわけではない。薬の値段を規制しているカナダ、イギリス、インド、スウェーデンなどを追い詰めているんだよ。経済戦争だ。そしてそれらの国では人命が問題になってくる。

●ドナルドよ、良いタイミングではないね。スイスの製薬会社Novartisがコーヘン(トランプの弁護士)に100万ドル以上を払っていたのがバレて、すぐこの話だよ。

●トランプ大統領は混乱していると思う。「なぜ、海外はアメリカ企業にお金を払わないんだ」
そりゃあ、他国の政府は自国優先だろ。

●まって、アメリカの製薬会社は他国と商売しなくちゃいけないのか。利益がないならやめればいいだろう。
だいたい他の国が存在しないとしよう。するとアメリカの医療費は急に安くなるのか?

●もうこれ以上バカなことは聞くことがないと思った途端、このバカが口を開けている。

●他国の政府は裕福な製薬会社ではなく、国民に対する責任を忘れないからだろ。

●おもしろトリビア:アメリカではC型肝炎の治療薬は95000ドル(約1000万円)、インドでは900ドル(約10万円)。

●トランプは世界の医療システムにケンカを売ってるんだな、勇気ある行動だな。

●全てがアメリカ人じゃなくてよかったと思わせる内容。

●今のアメリカは、自分が12歳のときのロシアみたいだよ。


アメリカの医療費高騰については、当分の間は解決する見込みはないようです。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(12)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。