2018年06月02日 20:21

アメリカ人「医者から肥満であることを理由に請求されたんだが…」その金額がこちら

 

医者に肥満
アメリカの医療費が高額であることはよく知られていますが、理由も変わっていると海外掲示板に投稿している人がいました。

驚きの請求書をご覧ください。

My doctor charges me $65 for being fat

My doctor charges me $65 for being fat from r/Wellthatsucks

注目するのは上から2つ目。

体重超過/BMI30以上 65ドル(約7000円)

BMIの数字だけ、つまり体重超過を理由に請求されています。

詳細もなく、さすがに重さで請求されていることに不満を訴えていました。

ちなみに、ご本人の体型はこちら。

178cm、97.5Kgで、そんな肥満ではないと思っているそうです。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●いったいどういうこと!?

↑肥満とは言ってない。体重超過だと言っている。それは大きな違いである。だがそれでも請求はすべきではない。

●笑える。絶対にこれはアメリカだな。

(投稿者)もちろんそうだよ。

●これは保険会社から搾り取るひとつの方法だよ。なぜなら肥満であることを請求することで、彼らはカウンセリングをしたように見えるからね。残念なのはその合計金額で、どの保険会社も100%%額は払い戻してくれない。これをフルで払うのは保険に入っていない人で、請求額の割引をしてもらう方法を知らない人だ。

●アメリカじゃ肥満が社会問題で、健康な体重はずいぶんとゆがんでいるのではないか。
実際は「太っている」でも、今ではそれを普通と呼ぶ。そしてもう動けないほどの肥満を「肥満」と呼ぶ。
自分はあなたより背が高くて、体重も25%低いけれど、それでもまだ理想体重には5kgオーバーしている。

●もし自分が痩せていたら割引きを受けられるの?

↑そうだといいな。

●自分の退院時の書類には、栄養が与えられて落ち着いたと書かれていた。

●少なくともその65ドルはドーナツに使わなくてすむ。

●葬式サービスでは、肥満の人は請求額が高い。

●患者にどうやって請求するのかが興味深い。通常医者は請求にCPTコードを使う。
例えば医者のオフィス訪問は「99214」と言う風に。いったいBMIの高いときはどんなコードを使うのだろう。いずれにせよこの請求書は理解できない。

●他人に迷惑をかけている代だ。

●ICUの看護師だけど、肥満患者は間違いなく余分な労働を強いられる。看護師がもう一人追加で必要だったりね。仕事量に関するコストかもしれない。

●新しい医者を見つけるのはどうだろう。

●これをレッスンにもう痩せるってのは?

●自分はそのアメリカの値段の高さに立ち直れない。


肥満だと実際のコストが掛かるとの意見もありましたが、いずれにせよ高い医療費に悩まされるのはかわらないようです。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(4)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。