2018年06月07日 10:23

イギリスのとある「図書館」は学生が押し寄せるほど人気…夜になっても帰ろうとしない理由

 

01ライブラリー
イギリスのウェスト・ヨークシャー州リーズという町に、地元の学生たちに大人気のライブラリー、日本語で言うところの図書館があります。

連日大盛況どころか、夜になっても人が減る気配がないのだとか。

それには意外な理由がありました。

03ライブラリー
“LIBRARY”と書かれた、いかにも図書館らしい厳粛な趣きのある建物。

02ライブラリー
イギリスの古風な建物には、主に若者が集まってきます。

04ライブラリーのトイレ
トイレはこんな感じ。もちろん、これが人気の秘密ではなく……。

05ライブラリーパブ
じゃーん!

なんと中身は英国パブ!

パブの店名が図書館だったのです。

09パブカウンター
バーテンダーのいるカウンター。壁に「ライブラリー」と表示されています。

リーズ大学を始めとした近隣の大学から10分ほどのところにあるため、学生たちは親と以下のような会話を交わすことになります。

「ちょっと図書館に行ってくるよ」“I'm going to the library.”

「あんた今、どこにいるの?」“Where are you now?”
「図書館だよ」“I'm in the library.”

「図書館へ行ってくる」と、いかにも勉強熱心な学生のように伝えることで、嘘をつくことなく飲みに行けるのです。

06ライブラリーパブ
こんな風にカウンター越しに注文。

07ビリヤード台
英国パブらしくビリヤードテーブルもあります。

13パブメニュー
パブメニュー。

08パブ外
外のテラスで飲めるようにイスやテーブルもたくさんあります。

10パブ外
主流はビール。

11ライブラリーパブ
全体の外観はこんな感じ。

12パブ外
別の角度。

なるほど、夜になっても盛況なのは当然ですね。

リーズ大学は佳子さまの留学先としても知られている名門校ですが、学生たちのちょっとユニークな息抜きの場となっているとのことです。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(3)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。