2018年06月08日 23:13

琥珀の中に5400万年前のヤモリ…まるで生きているような保存状態

 

琥珀
天然樹脂の化石である琥珀(こはく)。

その琥珀の中に、まるで生きているかのような5400万年前のヤモリが取り込まれていました。

a 54 million yo gecko trapped in amber

a 54 million yo gecko trapped in amber from r/pics

わわっ、今にも動き出しそうなほど生き生きとしたヤモリ。

はるか5400万年前からずっとこの状態とは、恐るべしですね……。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●これらの化石が歴史の一部として保存されていることがすごい。

↑完全にクレイジーだよ。そして気味が悪いほどだ。この小さいやつらはこの9900万年の間にそれほど進化もしていないんだ。

↑それが理由で自分はクラゲを信用していない。5億年も骨もなしに効率よく存在しているなんて何かクレイジーな秘密があるに違いない。

●そんな長い時間なんて想像もできないよ。

↑そんなことはない。好きな子にメッセージを送ってデートに誘ってみろ。送信ボタンを押してから彼女が返事してくるまでは、まるで9900万年くらいに感じるよ。

●なぜ小さな恐竜や絶滅した虫などが、琥珀の中に閉じ込められてないんだろう。

↑恐竜のしっぽや虫はあるよ。
First Dinosaur Tail Found Preserved in Amber

↑なんてこった。望みは恐竜の羽だと思っていたが、しっぽだったんだ。

●これをクレイジーだと思うのは自分だけ?
今までに見たことのある何百万年前のものは化石で、それは虫が琥珀にくっついていたり。だがこれはまるごとの爬虫類そのものだ。しかも石ではない!

↑自分も同じようにぶったまげている。自分たちが見ているものが信じられない。

●これらの何百万年の投稿が自分にとても引っかかる。我々も一体1年から10年の長さがどんなものなのかを考え、そこからさらに1000年と100万年の違いを考えてみるんだ……。


琥珀の中に恐竜のしっぽが取り込まれた例はあるそうです。

できれば丸ごとの恐竜を見てみたいものですね。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(5)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。