2018年06月09日 11:00

なんというお値段!数万円もする電動歯ブラシは何が凄いのか試してみると…?

 


歯は一生ものの財産。それだけに、日々の歯磨きは欠かせません。

近年では手磨きよりも電動歯ブラシの方がずっとキレイに磨けることが周知され、電動歯ブラシのラインナップも幅広くなりましたが、その中でも高額なモデルに目を向けてみると、そのお値段は…えっ、4万円近くもするの!?

いくら歯が大切な財産とは言え、歯磨きにかけられるコストにも限度があるというもの。とは言え、これだけの価格がするからには、知られざるとんでもない機能があるのかもしれません。

そこで実際に普通の電動歯ブラシと何が違うのか、違いを確かめてみました。

最も高額な電動歯ブラシ『ソニッケアー ダイヤモンドクリーン スマート』


今回試してみたのは、フィリップスの電動歯ブラシ、『ソニッケアー ダイヤモンドクリーン スマート』。

強力な音波ブラシで歯がツルツルになると定評のある、ソニッケアーシリーズのハイグレードモデルですが、市場での販売価格は…なんと4万円弱!

他の電動歯ブラシと比べても群を抜く超強気の価格設定ですが、一体他と何が違うのでしょうか…?

ソニッケアー ダイヤモンドクリーン スマート 製品情報
Amazon ヨドバシ

やたらと豪華なセット内容


さて、まずはパッケージを開けてみると…入っていたのはソニッケアー本体に、4種類のブラシ、グラス、グラススタンド、トラベルケース。

さすがハイグレードモデルだけあって付属品は豊富ですが…ただオマケが多いだけなのでしょうか?

立てかけておくだけで充電できるグラススタンド

ところが付属品一つ一つをとってみても、これが只者ではありません。


まずはこちらのグラスとグラススタンド。どうしてグラススタンドにコンセントが付いているのかというと…?


なんとグラスにソニッケアーを立てると、そのまま充電されるオシャレ仕様。

洗面台での収まりの良さも、なんともスタイリッシュじゃないですか…!

充電もできるトラベルケース


トラベルケースも一味違います。

一見すると、ソニッケアーとブラシ2本が収納できるただのケースですが…


なんとUSBケーブルを繋げば、パソコンやモバイルバッテリーで本体を充電できちゃうスグレモノ。

しかもケーブルはケース内に収納できてしまうので、持ち運びもシンプルな上に、「USBケーブルを忘れた〜!」なんて失敗もありません。

自動認識する4種類のブラシ

また凄いのが、付属している4種類のブラシ。


それぞれ左から、通常の歯磨き用の「プレミアムクリーンブラシヘッド」、歯茎もケアする「プレミアムガムケアブラシヘッド」、歯を白くする「プレミアムホワイトブラシヘッド」、そして舌苔をキレイにする「舌磨きブラシヘッド」と用途が異なるのですが…正直言って、どれが何用かなんていちいち覚えていられませんよね。

ところが!


ブラシをセットすると…自動的にブラシに最適なモードに変わった!?

このブラシにはRFIDが搭載されているそうで、本体にセットすると自動的にブラシの種類を認識し、最適なモードに変わるそう。

そんな細かな気配りまでされているとは…!

正しい磨き方をサポートする機能も豊富

でもいくら付属品が豪華でも、きちんと正しく歯を磨けなければ意味がありません。


そこで実際に歯を磨いてみました。

さすが音波歯ブラシのソニッケアーだけあって、その振動はとってもパワフルで繊細。手磨きでは絶対にできない磨き心地は、病みつきになりそう…!もちろん、強すぎる場合はパワーの変更もできます。

磨き始めてみると、20秒ごとにブラシが一瞬止まりますが、これは、磨く場所を変えるタイミングのお知らせ。ソニッケアーは歯磨きの時間を2分とし、6パートに分けて20秒ずつ磨けるようにお知らせしてくれるんですね。


また歯に押し付ける力が強すぎると、LEDと振動の変化で教えてくれる機能も。

電動歯ブラシは押し付けすぎると効果が弱まってしまうのは知られていますが、こうしてはっきりと強すぎるのがわかるのは便利です。

ですが…ここまでは昔とそこまで大きく変わっていないような…?

アプリを使うとさらに凄かった

ところが専用のスマホアプリを使ってみると…さらにすごい進化を遂げていました。


ソニッケアーのスマホアプリを開いて歯磨きを開始すると…画面には磨く場所の指示と残り時間が。

強く押し付けすぎたり、早く動かしすぎると警告も表示されます。


さらに磨いている面も自動で判別されているようで、表と裏の磨き度合いを認識した上に、磨き足りない部分の仕上げ磨きの指示まで…!


さらに、毎日の歯磨きの履歴が自動で記録されたり、出血する場所や虫歯、歯垢の溜まりやすい場所を登録しておくことも。

最先端の歯磨きは、ここまで進化していたのか…!

毎分約31,000回の高速振動による音波水流で、歯がツルツルに!

そして肝心の磨き上がりはというと…さすがソニッケアー、パワフルかつ繊細な高速振動+振幅による音波水流で、仕上がりは見事なまでにツルッツル。

もともとソニッケアーは愛用していたのですが、最新モデルは多彩なブラシとモードで磨き上がりが一段と良くなり、さらにアプリのサポートが加わったことで、より完璧な仕上がりになった実感がありました。

価格だけ見ると高く感じますが、実際に使ってみると、これだけのブラッシングや使い勝手なら、価格に充分見合っているのではないかと感じました。

みんなの満足度は?


ちなみにこれだけ高額な電動歯ブラシに、どれだけの評価が付いているかというと…アマゾンでは91件ものレビューが寄せられ、なんと★4.1の高評価に。高額なものほど見る目が厳しくなりがちなだけに、この評価はさすがとしか言いようがありません。

またレビューには「歯がツルツルになる」「アプリのサポートが秀逸」「振動で手が疲れない」など、満足度の高い反応がズラリ。

価格だけ見ると驚きますが、使ってみると実感できるその良さ。歯の治療にかかる費用を考えると、このくらいの投資は決して高くないのかもしれませんね。

ソニッケアーダイヤモンドクリーン スマート 製品情報
Amazon ヨドバシ

子供向けのソニッケアーキッズも高評価


ちなみにソニッケアーにはキッズ向けのモデルもあるのですが、こちらもアマゾンで★4.3の高い評価を博していました。


こちらはキッズ用アプリが非常に良くできていて、歯磨きをアプリ内キャラのスパークリーが教えてくれるだけでなく、きちんと歯磨きをするとさまざまなご褒美がもらえるなど、歯磨きそのものを楽しめるよう工夫されています。なんならこの機能、大人用にも欲しい…!

レビューを見ると「歯磨き後にアプリで貰えるプレゼントが楽しくて子供が歯磨きを嫌がらなくなった」「一人で歯磨き習慣ができるようになった」「アプリのおかげで一人で磨くよりきれいになっている」などなど、子供が自ら歯磨きを楽しむ絶賛の数々…!歯磨き嫌いの子供がいるなら、親子で一緒にソニッケアーを使うといいかもしれませんね。

もちろんキッズ用は、お値段もリーズナブルですよ!

ソニッケアー キッズ 製品情報
Amazon ヨドバシ

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(0)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。