2018年06月11日 21:50

史上初、兄弟3人がラグビー界最強のニュージーランド代表にスタメン出場…海外の反応

 

ラグビー・ニュージーランド代表に兄弟3人
「オールブラックス」の愛称で知られるラグビーのニュージーランド代表チーム。

W杯2連覇中(史上初)の王者ですが、なんとこの最強チームに兄弟3人が同時にスタメンとして出場しています。

どんな兄弟なのかご覧ください。

Three brothers were on the starting squad for the New Zealand rugby team today.

Three brothers were on the starting squad for the New Zealand rugby team today. from r/sports

左:ジョーディー・バレット(21歳:97年生まれ)
中:スコット・バレット(24歳:93年生まれ)
右:ボーデン・バレット(27歳:91年生まれ)

あんまり似てないかも……いや、目はそっくりですね。

お兄さんのボーデン選手が最も小さいですが、2016、2017年と2年連続で年間最優秀選手に輝いたスーパースター。

そして兄弟3人そろって代表チーム入りするのも史上初の快挙だそうです。

ちなみに引退した長男ケイン・バレット(28歳)氏も主将を務めた名手だったので、実際は兄弟4人のプロ選手を輩出した恐るべきラグビー一家なのです。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●面白いのは一番小さいボーデン・バレットだけど、実際は187cmもあるのに背が低そうに見える。

(投稿者)それに体重も91kgあるよ。一般の環境なら大男だがピッチでは小さく見える。

↑ラグビー選手たちの巨漢ぶりはクレイジーだよ。

↑自分がその間に立ったらミジンコだ。

↑それに彼は3人のうちでベストプレイヤーなんだ。

↑そして一番年上だ。

●彼らはポケモンの間違えて進化した結果なんだ。

●最高のラグビーチームの3人のメンバーの親であるところを想像してみろよ。

↑他の子どもも剛健で4人もいるんだぞ。

↑実際は8人。5人兄弟に3人姉妹。そのうち4人がプロのラグビーチームに入った。

↑食べさせるだけで、すごくお金か掛かりそう。

●きっと父親も猛獣みたいなんだろうな。

(投稿者)その通りだよ。

●兄弟ゲンカに疲れて、他人と戦うことにしたのか。

(投稿者)農場で育って、今では世界一のラグビーチームの一員だよ。右の選手は実際に2016年と2017年の世界年間最優秀選手だよ。

●この3人のドキュメンタリーがあるよ。「オール・オア・ナッシング」と言うタイトルだった。


小さく見えるボーデン選手でも187cmの巨漢。スコット選手は197cm、ジョーディー選手は196cmで101kgあるそうです。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(1)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。