2018年06月12日 13:08

「親としてはありがたい…?」ずっと赤ちゃんを喜ばす方法

 

赤ちゃんをあやす方法00
生まれたての赤ちゃんは、ぐっすり眠っているとき以外は目が離せません。

あやすだけでも大変ですが、赤ちゃんが自分ひとりで喜んでくれる方法をご紹介します。

Hours of fun


This Balloon Trick Keeps Your Baby Busy - YouTube

赤ちゃんをあやす方法01
わわ!

手足にくくられたカラフルな風船が、興奮するたびに動くため、ひとりでずっと楽しんでくれている!

その喜び方ときたら、もう人生でこんなに楽しいことはないと言わんばかり。こんなに合理的な赤ちゃんのあやし方があったのですね。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●「小さな子どもとして、はっきりと自分の手で太陽と月を動かせたことを覚えている」

↑最初の彼女は月になった。

↑それはつらい……。

●それは1人の赤子には重労働なパワーと負荷だ。もう1人子どもを作ってお月様の責任を担当させよう。

●さらにいくつか結んで、窓を開けるんだ。

↑バルーン・ボーイ、二度と忘れないよ。

●おそらく5分が限界の楽しみだと思う。大きな笑い声が、興奮しすぎて必死の泣き声に変わる。
ソース:自分は楽しいパパ。

↑自分も思った。6か月のうちの子はだいたい45秒くらいで次の何かにうつる。

↑そうだね。バルーンが動くたびに、笑い、どんどん音量が大きくなって、最後には怒り出すんだ。

↑その通り。5分のハイパーな刺激、そしてそのあとは20分の泣き叫び。そのあとは3時間のお昼寝。

●みんなコメントが親だな。

●これは自分がエクササイズしているときの様子に似ている。

↑じゃあ少なくとも、エクササイズを楽しんでいるんだな。

●心のどこかで、これはバランスよく筋肉の発達に貢献してると思った。腕を動かすとバルーンが動くと学ぶ。最終的に自分の手足は自分がコントロールしていると学ぶ。

●子どもが自分の首を絞めないように、ずっと見ていなくちゃいけないけどね。

↑赤ちゃんってのは、見ていないとき狙ってくるんだ。


赤ちゃんが楽しそうなこともひとつですが、体の発達に良さそうですね。

ひもが絡まる危険もあるので目は離せないし、おとなしい時間は短いかもしれませんが、疲れてぐっすり眠ってくれそうです。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(1)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。