2018年06月21日 23:55

「この古い本のイラストの女性…よく見ると足が不自然じゃない?」→さまざまな角度から考察が始まる

 

本の表紙の女性00
こちらは1965年に初版発行された小説「Deadly Welcome」の表紙。

足元が隠れたこの女性、「よく見ると足が長すぎるのではないか?」と海外で話題を呼んでいました。

本の表紙の女性01
男性に隠れた部分を補完してみると、たしかに不自然なほど足が長いですね……。

10頭身くらいはありそうです。

そんなところによく気がつくものだと感心しますが、どうにかつじつまを合わせようと考察を始める人が後を絶ちませんでした。

本の表紙の女性02
女性が犬に乗っている説。

本の表紙の女性03
ビーチが傾斜になっている説(左奥が高い)。

本の表紙の女性04
ビーチの砂をシャベルで盛った説。

いろんな仮説が上げられる中で、最も説得力があると支持されていたのは……。

本の表紙の女性05
女性がバレリーナだった説!

なるほど、こんなにスタイルのよい女性なら、バレエ立ちをしていても不思議はないかも……!?

よくそんなに想像力が広がるものです。

イラストレーターの“Robert E. McGinnis”さんも、まさか世に出て半世紀以上が経ってから、こんな形で盛り上がるとは思いもしなかったでしょうね。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(7)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。