2018年06月29日 18:45

ルネサンス期の絵画『大使たち』は見方を変えると…ギョッとするものが現れる

 

ハンス・ホルバインの絵画00
こちらはルネサンス期のドイツの画家ハンス・ホルバインが1533年に描いた作品『大使たち』。

2人の大使が並び立つこの作品には、あるトリック技法の代表例として知られています。

いったい何が隠されているのかわかるでしょうか。

ハンス・ホルバインの絵画01
その答えは、下の方にある謎のオブジェクト。

ハンス・ホルバインの絵画02
ギャラリーの右の方に移動すると……。

ハンス・ホルバインの絵画03
生々しい頭蓋骨が現れた!

ハンス・ホルバインの絵画04
角度を変えると正常な形が見える、アナモルフォーシスと呼ばれるもので、ハンス・ホルバインはこのデザイン技法を多用したことで知られています。

ルネサンスの時代から、こうしたトリックアートが存在していたのですね。

ハンス・ホルバインは主にイギリスで活動した画家で、この作品はロンドンのナショナル・ギャラリーに収蔵されているとのことです。

ハンス・ホルバイン - Wikipedia

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(3)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。