2018年07月13日 12:56

バーテンダーに質問、注文するお酒でどんな客かわかる?」本職の回答いろいろ

 

バーテンダーのドリンク別の客の特徴00
お酒の頼みかたに個性が出るのか、注文するお酒ごとに決まったタイプというのはあるようです。

「バーテンダーに質問、ドリンク別の客のキャラクターを教えて」
海外掲示板のこの質問に対する回答をご紹介します。

Bartenders of reddit : what are the stereotypes that come with specific drinks people order ?

「イエーガーボム」
バーテンダーのドリンク別の客の特徴01
いち早くぶっ飛びたい学生が頼んでくるね。
(ドイツのカクテル。アルコール度数は35度。56種のハーブが使われ養命酒的な存在)

「ピニャ・コラーダ」
バーテンダーのドリンク別の客の特徴02
イメージより味を気にする人だな。そしてカリブ海にいたい人。
(ラムをベースに、パイナップルジュースとココナッツミルクを砕いた氷と一緒にシェイクして作る)

「ポルノスター・マティーニ」
バーテンダーのドリンク別の客の特徴03
自分はそのあとはうるさくていやなやつになる。そして5杯飲んだあとは、吐いたものもネオン・オレンジである。
(パッション フルーツ、ウォッカ、リキュール、バニラ シロップ、シャンパン、ライム ジュース)

↑自分は個人的な恨みがそのドリンクにある。客が5杯飲んでワインのバケツにオレンジ色に吐いていた。そしてそいつの夫がそのバケツを渡そうとするので、自分でトイレに捨てるように伝えると、男性トイレの便器に捨てて詰まらせていた。
誕生日か何か知らないが、ジェシカよ、バーを出てくれ。

↑自分が触らないドリンクだな。

「ホワイト・ルシアン」
バーテンダーのドリンク別の客の特徴04
首までヒゲがある中折れ帽子をかぶったやつが10杯も頼んでいたが、それを白人くださいと言っては自分でくすっと笑って喜んでいた。
(ウォッカをベースにしたコーヒー・リキュール。生クリームで作るカクテル)

↑10杯だって? なんてこった。2570カロリー&1ポンド(約450g)の砂糖だ。それと二日酔い……。

「マンハッタン」
バーテンダーのドリンク別の客の特徴04
バーテンダーのドリンク別の客の特徴05
ニューヨークにいる間に目新しさからマンハッタンを頼む人は、それがほとんどバーボンだと知らず、これは強すぎると言ってくる。
(ウィスキー、スイート・ベルモット、アンゴスチュラ・ビターズ)

●自分の経験からだが、バドライト、ミラーライト、バドワイザーをバーボンかウィスキーのショットと一緒に頼む人は、肉体労働をしている人が多いと思う。年配の女性ならウォッカと水かトニックか炭酸、若い女性だとウォッカとクランベリーか甘いドリンクとのミックス。若い男性はクラフトビール。そして21歳になりたての人はわかる。甘いいろいろな複雑なショットで、派手な名前のついたものを頼んでくるからね。パーティをしたい年配女性はマルガリータから頼む。自分は週末のショットとビールのところで働いているので、バラエティさはそれほどない。

●男が入ってきて、サングラスを頭の後ろにやったらこう言う。
「バドライトをどうぞ」

●混ぜるのではなくシェイクする「マティーニ」を頼むやつは、酒のことを何も知らないバカ。

●ダブルブランデーとコーラなら、おそらく南ア出身者。

●オレはビールが欲しいだけだ。それはどういう意味になるんだ。

↑メンテのかからない客。


地域差などもあると思うので、どんな人がどんなカクテルを頼んでいるのか、観察してみるのは面白そうですね。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(5)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。