2018年07月15日 23:44

「海洋ゴミを使って高さ12mのクジラの像が完成する…」ベルギーの古い街が一変

 

海洋ゴミで作った巨大クジラ00
ベルギー北西部のブルージュで、海から引き揚げられた5トンのプラスチックのゴミを材料に、高さ38フィート(約12m)の巨大モニュメントが作られました。

テーマはクジラ

見上げる高さの像をご覧ください。

The Making of Skyscraper 2018_by STUDIOKCA

海洋ゴミで作った巨大クジラ01
躍動するクジラ!

海洋ゴミで作った巨大クジラ02
とてつもない存在感を放っています。

海洋ゴミで作った巨大クジラ03
近づいてみると、プラスチックごみの塊なことがわかります。日本のゴミも混じっていますね。

海洋ゴミで作った巨大クジラ04
制作にあたったのは、アメリカのブルックリンにある設計事務所“StudioKCA”。

海洋ゴミで作った巨大クジラ05
海には現在1億5000万トンのゴミが存在していると言われていることから、注意喚起の意味を込めてこのモニュメントを作ったとのことです。

海洋ゴミで作った巨大クジラ06
ヒレを作るだけでも、これだけ大掛かり。

海洋ゴミで作った巨大クジラ07
横から見たところ。今にも水しぶきが上がりそうな躍動感がありますね。

残念ながらアートのイベントである「ブルージュ・トリエンナーレ」の期間限定の展示だそうで、9月16日まで設置してあるとのことです。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(9)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。