2018年07月22日 17:57

「前任者に『トラブルが起きたら見てごらん』と渡された封筒を開いてみたら…」というお話

 

3つの封筒を前任者の部長から渡されたお話
とある会社で部長が退職することになり、新たな部長が就任しました。

2人は引き継ぎのために1週間ほど一緒に働き、最終日に前任者が新部長に言いました。

「1〜3の番号を振った封筒を引き出しの中に用意しておいたので、もし解決できない問題に直面したら1番目の封筒から開けるといい」

Funny Office Jokes

〜それから3か月〜

仕事で大きな問題が起こり、新部長は途方に暮れました。

そこで封筒の存在を思い出し、1番目の封筒を開けることにしました。

メッセージは「前任者の責任にせよ」と書いてありました。新部長はその通りに実行して、なんとか切り抜けました。

〜それから半年〜

会社の売り上げが落ち込み、さらに製品に重大なトラブルまで出ました。

新部長は2番目の封筒を開けました。

メッセージは「再編成せよ」と書いてありました。

新部長が再編成をしたところ、どうにか会社の状態は良くなっていきました。

〜それから3か月〜

次の危機がやってきたので、新部長は3番目の封筒を開けました。

そこに書いてあったことは……

「3つの封筒を用意しなさい」


教訓:大きなトラブルが3度も起きたら辞めどきである。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(4)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。