2018年08月24日 21:36

「最近のYouTubeチュートリアル動画って…だいたいこんな感じだよね?」共感されていた図

 

最近のYoutubeのチュートリアル00
Youtubeには、ノウハウやチュートリアルなど役立ち系の動画も多く、参考にしている人も多いかと思います。

「今どきのYoutubeのチュートリアルは、だいたいこんな作りになっている……」と、1枚の図で説明されていました。

多くの共感を得ていた画像をご覧ください。

Youtube tutorials nowadays. from r/funny

「日本語版」
最近のYoutubeのチュートリアル01

YouTubeをよく見る人なら、あるある……と感じるのではないでしょうか。

序盤は配信者が長々と話し続け、広告が何度も差し込まれた後に、ようやく本編。その本編はあっさり終わって、チャンネル登録などを促される……。

便利は便利なのですが、不要な時間を使わされた気持ちになりがちです。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●〜「いいね!」ボタンを押すのを忘れずに、そしてチャンネル登録してコメントを残してね〜

↑それは正しいやり方かもしれないぞ。
自分もやり方(チュートリアル)の説明チャンネルをいくつか持っていて、最初に話さないルールで作っていた。ステップの順番をわかりやすくして、動画の最初は音楽を使っていたが、時間の無駄だと思ってカットした。
でも、このフォーマットだと全く再生回数が増えないし維持もできない。YouTubeパートナーの収入も期待できない。
個人的にはばかばかしいショーを繰り広げたいだけで金銭目的ではないから構わないが、収入を得たい人にとってこのやり方では愚かだ。
自分たちがからかってバカにしている方法は、案外正しいのかもしれない。

●「さっそく、説明に取りかかりましょう」

↑それからさらに10分ほどテーマについて語ったあと、ようやくやり方の説明が始まる。

●30秒で済むザクロの種の取り方のために、10分もビデオを見なくちゃいけなかった。

↑「いいね!」とチャンネル登録は忘れてませんか。スイカの種を取る方法はそれだけなのです。

●YouTubeがユーチューバーへの支払い方法を変えたんだよ。収益を上げるには10分の動画を作らなくちゃいけないんだ。ブランドが強いとか、見てもらえる保証があるとかでない限り、10分の動画を作らなくちゃいけないシステムが強要されているんだ。

↑そうではなく、動画の途中に広告を入れるためには10分の動画でないといけない。再生前の広告やバナーならどんな長さの動画でもよい。

↑だからどんどん多くのユーチューバーがPatreon(パトレオン)に移行している。ピラミッドのトップでない限りYouTubeの扱いは馬鹿げている。
Patreon - Wikipedia

↑それに彼らは再生時間の長さに応じた報酬を支払われる。だから10分必要なんだ。30秒の再生時間なら30秒分だけの支払いとなる。

●「30秒でできるネクタイの結び方」 再生時間10分。

●広告ブロッカーを使わずにYouTubeを見たら、本当に中間に広告があった。いったいどうなってるんだ。

●通知のためのベルをクリックしてください。

●クリックを誘導するサムネイルを忘れているよ。たいていそれはビキニかタンクトップなんだ。


収益目的の配信だと、こうした作りになるのも納得ですが、もう少しユーザーにとって快適になって欲しいものですね。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(4)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。