2018年08月28日 17:30

まるでサイバーパンクの世界…約3倍の視力が得られる「望遠コンタクトレンズ」が開発中

 

望遠コンタクトレンズ00
現在、装着するだけで通常視覚の約3倍の望遠効果が得られる「望遠コンタクトレンズ」が開発中で、試作品も発表されています。

いったいどんな仕組みなのでしょうか。

Scientists have developed the first Telescopic contact lens.

望遠コンタクトレンズ01
こちらがスイス連邦工科大学が発表した試作品。

中央部は等倍で、周囲は2.8倍。まばたきをする度に、どちらか一方にだけ光が通り、電子的に切り替える仕組みです。

実用化されたら、加齢により視力の低下を引き起こす「病気加齢黄斑変性症」(AMD)の人に恩恵があると期待されています。

望遠コンタクトレンズ02
これまでのメガネタイプは非常に目立つため、抵抗がある患者も多かったとのこと。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●どの倍率か装着前に選択しなくてはいけないの? あるいは装着時にズームインする方法はある?
自分はクールなサイボーグのように「ズーム! 高画質!」と命令したい。

↑レンズそのものが動かなくてはいけないだろうから、多分無理だろうな。

●スパイ・ミッションのときには眼帯をつけよう。

↑まばたきをするだけで切り替わるらしいぞ。

↑「右目がどうかしたの? なぜ私の胸元にウィンクしてるの?」

●なんて興味深いのだろう!

●まるでサイバーパンクの世界だ。

●小さなスマホでもムフフな動画を楽しめるんだ。

●これでようやく自分のプライベートなモノが見えるな。

↑まだ腹が邪魔だ。

●すでに月の表面は見える(半分だけど)。

●これを彼女に買ってやるぞ。後は彼女を作るだけだな。

●ソース(Telescopic contact lenses could magnify human eyesight
3年前の記事だが、ところでオレのコンタクトレンズはどこに行った。

↑そんな自分は今でもメガネ。

↑現在は気体浸透性の材質にするよう研究中らしい。通常のコンタクトレンズのように酸素を目に通すことで、1日中快適に装着できるようにね。

↑あと50年くらいかかりそうだな。


実用化までにはまだハードルがあるようですが、医学の進歩に期待ですね。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(4)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。