2018年09月01日 15:15

トム・ハンクスの出演料は…最大8万7500倍の差がある

 

トム・ハンクスの出演料
「フォレスト・ガンプ/一期一会」「プライベート・ライアン」など数多くのヒット作に出演しているトム・ハンクス。 ハリウッドを 代表する演技派の俳優としてはもちろんのこと、映画監督としても世界に名を知られています。

さて、彼クラスになると映画の出演料はどのくらいなのでしょうか。

当然ながら作品によりけりなのですが、想像以上に大きな差があると海外掲示板で盛り上がっていました。

Tom Hanks was paid a low $800 for the movie "He Knows You're Alone"

初出演の映画は「血塗られた花嫁」“He Knows You’re Alone”で、わずか800ドル(約9万円)。

「スプラッシュ」7万ドル(約780万円)。

大ヒットした「ビッグ」175万ドル(約1億9400万円)と出演料もうなぎ上りです。

そして最も出演料が高かったのは、アカデミー賞主演男優賞に輝いた「フォレスト・ガンプ」7000万ドル(約78億円)!

「トイ・ストーリー」シリーズは来年に4作品目が公開される予定ですが、1作品目はたった5万ドル(約550万円)、2作目は500万ドル(約5億5000万円)、3作目と4作目は各1500万ドル(約16億5000万円)。

「トイ・ストーリー」だけでも300倍に上昇しており、まさにアメリカンドリームを体現していると言えますね。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●「トイ・ストーリー1」にたった5万ドルだって? 驚いた。「フォレスト・ガンプ」と「アポロ13」の後だってのにだ。

↑だが、仕事は「トイ・ストーリー」のほうが前だったんだよ。アニメ映画は作り終えるのに時間がかかるんだ。

↑それに声優は支払いが小さくなるんじゃないかな。

↑多くのセリフは繰り返し使えるからね。
「銃を捨てろ、手ぇあげな!」だけで40分くらいある。

↑それからキャラクター商品は彼ではないので、そこは彼の儲けにならない。彼の弟が声をやっていたよ。

↑弟のジムがやっているってところがいい。自分は3人兄弟だが、みんな似たような声だよ。3人の1人が有名になったら、オレも喜んでジム・ハンクスになるよ。

●でも80年代からトムはメジャーだったよね。なのでメジャーなスタジオで5万ドルは法外に安い。世間に知られていない裏話があるのでなければね。

↑Pixarの最初の大きな映画だったからね、当時はまだ低予算だったよ。多分それしか払えなかったんだと思う。

●「フォレスト・ガンプ」の7000万ドルは前金+後からの利益のはず。さすがに前もって7000万ドルは1つの映画ではありえない。

↑そうだよ。興味深いのは原作者とネット(純利益)のパーセントをもらえる契約が交わされたこと。ハリウッド会計によると、映画は純利益を出さなかったので作者は印税を得られなかった(前もって35万ドルを得ただけ)。
トム・ハンクスはグロス(総利益)のパーセント契約だったので4000万ドルを得た。

↑原作者はあとで争って次の本の権利を得たが、その後何も映画は作られなかった。

●トイ・ストーリーのたった5万ドルが、とてつもないな。

●支払われる価値がある分を得られるわけではなく、交渉した分を得られるのである。

●「人生とはチョコレートの箱のようなもの」
(※「フォレスト・ガンプ」のセリフ)


全ての映画の出演料が公開されているわけではないのですが、なかなか興味深い結果ではあります。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(2)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。