2018年09月06日 20:02

「もしアップルが車を作ったら…こんな感じになると思う」→賛同する人が続出のデザイン

 

アップルカー
デザインや独自性など、良くも悪くも特徴のはっきりしているアップル製品。

根強いファンが製品を支えていますが、「もしもアップル社から車が発売されたら……」と想像した画像が海外で人気を呼んでいました。

どんなデザインなのかご覧ください。

This is very real from r/memes

「2020年、アップル社が初の自動車を公開」

アップルが作りそうなシンプルなデザインではありますが、これだけなら「ふーん」止まりだったかもしれません。

ところが、この画像に付け加えられたツイートが……。

「エンジンとキーは別売りです」

いかにもありそうだと多くの人にウケていました。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●『アップルストアの会話』
担当者「基本料金10万ドル(約1100万円)です」
自分「ちょっと高すぎるような気がします」
担当者「心配することはないですよ。平均的な車よりは1〜2年は長持ちします。それにアップルケアはたった1万5000ドルです。さらにもし大学生や教師なら、200ドルの学割があり、カバーを無料でお付けします。それらを考えると他車よりずっと安いですよ」
自分「なるほど」
担当者「それにこれはシルバー、ローズゴールド、ゴールドがあります」

↑「申し訳ございません。シルバーとゴールドは在庫がありません

↑「従来のカー充電器を使うなら、特別にアダプターが必要になります」

↑「もしエンジンが必要ならたった40万ドルです」

↑「モデルが3種類あります。アップルカーCは時速32マイルで5万ドル。アップルカー(無印)なら時速64マイルで10万ドル、アップルカーSなら時速128マイルで20万ドルです。
128マイル(S)は黒のみ。32マイル(C)はネオンイエローとピンクのみです。

↑「傷がつきますと、修理には車の2倍のコストがかかります」

↑燃料はアップルジュースのみで走ります。

●iPumpテクノロジーを利用しているため、特定のガソリンスタンドでのみ燃料が入れられます。

●ハンドルもございません。Bluetoothを繋げるか別途アダプターをお買い求めください。

●左に曲がるたびにiTunesのパスワードが必要です。

●でもWindows版はあるのですか。

↑Boot Camp(MacにWindowsをインストールするソフトウェア)は、この製品の特色です。

●エンジンも内蔵されていますが、エンジントラブルが起きたら車ごと交換しなければいけません。

●ペダルは1つ。ブレーキのみです。


みんなアップルらしさを、よくとらえています。

いずれ本当にアップルカーが出るかもしれませんね。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(9)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。