2018年09月07日 12:57

「めちゃくちゃ怖い経験をして…誰にも信じてもらえなかったことはある?」不思議体験いろいろ

 

怖い体験
怖い経験を誰かと共有しようとしたとき、信じてもらえないとつらいものがあります。

「最高に怖い体験をしたけど、誰にも信じてもらえなかったことはある?」

この質問に対する、海外掲示板のコメントをご紹介します。

Whats the creepiest/scariest thing that you've seen but no one believes you?

●ある晩運転していると、道路にしゃがんでいる「何か」を目撃した。
車のヘッドライトが当たったときにその目が光り、動物か何かだと思った。ところが5mくらいに近づくと立ち上がった女の子のように見え、急ブレーキを踏んだ。
ところが道路は空っぽだった。同乗していた友人は何も見ていなかった。だが数分後に「それは女の子に見えたか?」と聞いてきた。数週間前に全く同じ場所で妹といっしょに似たようなものを見たと言った。

●15歳のときだった。
大人数で大会とディズニーランドのためにロサンゼルスにやってきた。バスで隣には親友が座っていた。空港からバスが出ると、ある家から2人が出てきて、1人は走り始めた。するともう1人が銃を取り出して走り出したほうを撃った、さらに撃った。
自分たちは顔を見合わせて「何てこった」と驚いた。大人たちに話したが、そんなことは見てないし起こってないと言われた。

●友人宅でパーティをしたあと遅い時間に帰宅した。両親にあれこれ聞かれるのが嫌でこっそりガレージから入った。ドアはロックされていたが鍵を持っていた。
鍵をまわしてロックを外すと急にカシャっと鳴り、またロックがかかった。これを3回くらい繰り返した。ロックを外すたびに、向こう側から掛けられるという感じだった。
「母さん、僕だよ!」と叫ぶとロックが解除された。ドアを開けたらそこには誰もいなかった。

●早朝6時に寮の事務所のドアが急にバーンッと開いた。ドアが重いのでゆっくりしか開かない(完全に開くには8秒かかる)。
ところがバーンッと勢いよく強く開いた。冬の早朝6時だったので窓も開いておらず、すきま風もなかった。全員寝ていたのと、自分もそういう幽霊っぽいことを考えるには疲れていたので、トイレに行ってから寝た。

●自転車に乗っていると、いきなり宙にとても弾むボールが現れ、気づいたら目にぶつかった。

↑どれもこれも怖いというより笑える。

●6歳のとき自分の部屋で遊んでいたら、おじいちゃんが入ってきて、数分話した。
しばらくして彼は立ち上がり、「お母さんのためにいい子にしてるんだぞ」と言い、おでこにキスをして出ていった。
5分くらいしてから母親がヒステリックに入ってきて、おじいちゃんが亡くなったので、彼が住んでいた2つ向こうの州まで行かなければいけないと言われた。

●6〜11歳のとき、不思議の国のアリス症候群によく陥っていた。
毛布が15cmくらいの厚さだったり、部屋が長く伸びていったり、ぬいぐるみが小さくなったり感じていた。どんな音もエコー付きで聞こえていた。そして時々自分も縮んでいくような気がしていた。なぜそれが止まったのかはわからない。でも止まってよかった。

●15歳の夏の夜、友人たちといっしょに過ごしていた。全員で友人の庭のトランポリンの上に寝そべって、星を見ながらしゃべっていた。
すると急に全員で「今の何だ?」「今の見た?」となった。
全員が見たものは星の整列で場所がそれぞれ変わり、移動したときにはまるで流れ星のようにあとを残していた。
そして新しいポジションについた。全部が一斉に移動した。とても奇妙だった。3人とも同じものを見た。

●何か辛いことがあって泣くと必ず父親にわかる。別々の都市に住んでいるのにだ。電話がかかってきて泣いている声が聞こえたという。今まで間違っていたことがない。新しいアパートに引っ越したら、その説明をする前にどんな部屋かを父親が説明し始めた。

↑電話を盗聴されてない?

●小さい頃、自宅の地下でシルクハットをかぶった男性を見かけた。
母親は自分が作りあげた妄想だと信じてくれなかった。ティーンエイジャーになってからは彼を見たというと麻薬をやっていると責められた。未だに疑問だが、あれはいったい誰あるいは何だったのだろう。


結構、不思議体験をしている人は多いようです。

同じ体験をした人がいないと、なかなか信じてももらえないものですね。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(6)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。