2018年09月23日 15:12

「玄関に顔認証システムを導入すると…こんな罠がある!」拒否された理由がこちら

 

顔認証の罠00
最新のスマートフォンにも搭載されている顔認証システム。

自宅の玄関のオートロックを通過しようとしたところ、その日だけなぜか顔認証システムに拒否されてしまった人物がいました。

不思議に思ってカメラを確認してみたところ……意外な理由が発覚したのです。

There was an attempt to use facial recognition.

そこには「新しい顔を検出しました」との表示。

なんと認識されていたのは自分の顔ではなく、Tシャツにプリントされていたバットマンだったのです!

どうせならバットマンの顔を認証するように、家族の一員として登録しておきたいくらいですね。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●バットマンは初期設定で許可されているものだと思っていたのに。誰かメーカーの担当者と話をするべき。

↑なぜ? その犯罪者自警団をかい? うちなら立ち入り禁止にする。

●なるほど、君の顔を印刷してシャツに貼ったら侵入できるわけか。ふむー。

↑あるいは紙でいい。多分その方が安い。

↑警察が駆けつけて、その家の人の顔をシャツに貼っている人が逮捕されるところが想像できる。

●自宅のホームセキュリティにこれは絶対に使わない。

↑顔でロックを開けるわけではない。認証できないとロックされる形だった。

↑このシステムでバットマンを侵入させなかったんだぞ。バットマンを拒否するシステムは価値がある。

●自分なら、億万長者のスーパーヒーローの訪問を拒否してしまったらガッカリするね。新しいセキュリティシステムを導入すべきだ。

●確認するが、知らない顔に反応してドアをロックするのはわかるが、知っている人だからといってロックが解除されるわけではないよね?

↑普通に這っていくんだ。そして玄関ポーチの横から這って、カメラに写らないようにするんだ。するとドアノブが普通に開いて入れる!

●なぜ普段からドアをロックしておかないんだ。

↑忘れるんだよ。


バットマンの訪問は拒否するシステムのようですが、それがセキュリティ上安全なのか否か、議論になっていました。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(5)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。