2018年10月08日 14:29

「トウモロコシ迷路の注意書きを見たら…とんでもないことが書いてあった!」入るのが恐ろしくなる説明

 

トウモロコシ畑の迷路の注意書き
広大なトウモロコシ畑のあるアメリカでは、各地にコーンメイズと呼ばれる観光用の迷路が作られています。

とあるコーンメイズに入ろうとした人物が、入り口の注意書き看板を読んでみたところ……。

不安になることが書いてあったそうです。

At a corn maze from r/funny

「迷路内で、迷子になったり、混乱した場合は落ち着いてください! 助けは来るのでパニックを起こさないでください。
毎週木曜日の朝には救助チームを迷路内に派遣し、前の週末に取り残されてしまった人々を迷路から助け出す作業をしています。
救助チームは専門訓練を受けており、取り残された人々の3分の2は見つけることが可能です」

え?

も、木曜日?

迷うと救出されるけれど、木曜日の朝まで待たなければいけないようです。無事にその日のうちに脱出できなければ、ゆっくり救助を待つことになりそうです。

しかも3分の1は救助に失敗してる……。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●でも、今日は金曜日なんだけど。

↑今日は13日の金曜日だったの?

●そのトウモロコシ迷路で迷子になりたい……。遭難したサインを送るのに最も簡単な方法は……マッチを持っていくことである。

↑違うよ、大きなオケに入れた熱した油だよ。

↑溶けたバターでもいい?

↑ポップコーンもいる?

↑あるいは単に歩いて出るのがいい。これは単なるトウモロコシ畑だ。方向を決めて、トウモロコシがなくなるまでトウモロコシを突っ切っていけばよい。

●地元のトウモロコシ迷路で迷子になってから20年後、ピーター・ミラーはようやく捜索救難メンバーによって救助されました。
迷路のスポークスマンによると「ほとんどの人は数日〜1週間くらいで発見できるのですが、これはトウモロコシ迷路であってポケモンではありません。なのですべてをゲットというわけにはいかないのです」

●トウモロコシ迷路から抜けるには、出られるまでずっと片方の手を壁に付け続けて歩くとよい。

↑トウモロコシ迷路だろ。食べながら抜けていけばいいさ。

↑トウモロコシを食べて生きていけばいいさ。そういう看板も必要だ。

●甥のことはどうでもいいと思っているので、そこに連れていくことにする。

●迷路で迷ったら、深さ優先探索(※)を行うとよい。
(※木やグラフを探索するためのアルゴリズム)

●テレビ局で働いていたとき、新生児を抱いた母親が迷路で迷った事件があった。日が暮れてきたのでその母親は警察に電話した。


ドキドキする注意書きではありますが、不安な人は水曜日に行くといいのかもしれません。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(8)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。