文化・知識 / zeronpa / URL
2018年10月14日 11:46

「想像以上にひどかった…」アメリカ人のイメージする世界地図

 

アメリカ人にはこう見える世界地図00
世界地図が正確に頭の中に入っている人は少数派かもしれませんが、特にアメリカ人は他国の関心が薄いと言われています。

とあるアメリカ人が完成させた、世界各国の説明がかなりひどいことになっていました。

The Mapping Stereotypes

アジア

アメリカ人にはこう見える世界地図01
日本(水):トヨタ
北朝鮮(黄緑):
韓国(青):サムスン
中国(黄):スーパーマーケット
モンゴル(薄茶):未開人
インド(茶):カレー
ネパール(オレンジ):登山家
バングラデシュ(オレンジ):飢え
ミャンマー(赤):ごろつき
タイ(オレンジ):売春宿
ラオス(ワイン):ニクソンの女たち
ベトナム(深緑):墓地
カンボジア(緑):頭骨
マレーシア&シンガポール(水):2つの高層ビルなど
インドネシア(ピンク):ややインド
トルコ(茶):感謝祭(七面鳥をターキーと言うことから)
サウジアラビア(青):アラーおじさん
イエメン(朱):凶悪者
オマーン、アラブ首長国連邦(オレンジ):空飛ぶじゅうたん
イラク(水):Fuck yeah
シリア(ピンク):荒れた状態
イラン(深緑):大魔王
トルクメニスタンウズベキスタン(緑):なんとかスタン
パキスタン(黄緑):カンボディア2.0
アフガニスタン(黄):ベトナム2.0

ヨーロッパ

アメリカ人にはこう見える世界地図02
イギリス(紺):ミイラ
アイルランド(青):聖パトリック
アイスランド(赤):Wikileaks
ポルトガル(茶):ブラジル
スペイン(オレンジ):メキシコ
フランス(赤):臭い人々
ベルギー(緑):チョコレート
オランダ(オレンジ):性の乱れたとこ
ノルウェー&スウェーデン&フィンランド(黄):社会主義組合
ドイツ(茶):いやらしいポルノ
スイス(黄):現金
イタリア(緑):ゴッドファーザー
ボーランド、チェコ、スロバキア、ハンガリー(サーモンピンク):緩衝地帯
ルーマニア、ブルガリア(オレンジ):ドラキュラ
クロアチア、セルビア、ボスニア、スロベキア、モンテネグロ、アルバニア(青):悪の住居
ギリシャ(黄緑):民主主義
ロシア&元ソ連の地域(赤):共産

北米

アメリカ人にはこう見える世界地図04
アラスカ(オレンジ):ホッケーママ
カナダ(緑):ベジタリアン
アメリカ(オレンジ):文明社会
メキシコ(黄):メイドと庭師
ホンジュラス(オレンジ):混乱
コスタリカ(赤):ジャングル
パナマ(黄):バナナ共和国

中南米

アメリカ人にはこう見える世界地図03
コロンビア(茶):コカインの国
ベネズエラ(赤):悪の帝国
ガイアナ&スリナム(緑):森林
ペルー(青):娼婦
ブラジル(オレンジ):自由主義の共産
パラグアイ(赤):カトリック社会主義
ボリビア(薄茶):南部のキューバ
アルゼンチン(緑):1ドルストア
チリ(紺):チリコンカーン
ウルグアイ(茶):ツパマロス武装組織

アフリカ

アメリカ人にはこう見える世界地図05
上半分(黄):とにかく砂漠
下半分(緑):エイズ
東側(緑):飢えとか
ソマリア(茶):ジャックスパロウ(海賊)
マダガスカル(青):ペンギン

日本はトヨタで済んでいますが、国によっては卒倒しそうな酷い扱いもありますね……。

あくまでアメリカの個人レベルがイメージしたことなので、笑ってスルーしましょう。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(14)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。