2018年10月22日 22:13

動物病院で治療を受けた猫…そのまま住み込みのナースになって多数の猫たちの命を救う

 

看護猫のスパーキー00
猫のスパーキー(9歳)が、アメリカ・ペンシルバニア州フィラデルフィアの動物病院で外科治療を受けたのは今から8年前のこと。

ところがいつまでたっても飼い主が引き取りに来ることはなかったため、病院で暮らすことになりました。

9-year-old Cat Has Important Job at Animal Hospital and Has Saved Many Lives

看護猫のスパーキー01
元気になっても飼い主が現れなかったことから、病院で暮らすことになったスパーキー。

途中、職員の1人が引き取って自宅で飼おうとしたものの、スパーキーの精神が大荒れになったことから、病院暮らしに戻ったそうです。

看護猫のスパーキー02
いまや看護師……看護猫となったスパーキーは、病院の急患猫のために何度も献血に協力しているとのこと。

看護猫のスパーキー03
パーソナルスペースも好むため、ダンボールの社員寮も完備。
箱の落書きを見るからに、ロイスという仲間の猫は、この中に入れさせてもらえないようです。
「No ロイス禁止」「ロイスは出て行け」「どっか行け」

看護猫のスパーキー04
食いしん坊なスパーキーはエサがまだ残っていても、じーっと見つめて催促してくるのだとか。

看護猫のスパーキー05
抱っこされるのが好きで、かまってもらえないときは仕事の邪魔をすることも。

看護猫のスパーキー07
9歳の誕生会のとき。

Facebookの映像。

最初の飼い主とは縁がなかったようですが、新しい家族と職場に恵まれたようで柔和な表情をしていますね。

ロイスとの関係だけが気になるところです。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(6)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。