2018年11月19日 12:24

「これが第一次世界大戦で曽祖父の命を救った6枚のコイン…」生々しい銃痕

 

ベルギー軍
第一次世界大戦でベルギー軍に従事していたひいおじいちゃんが銃弾を受けたものの、ポケットに入れていた硬貨によって命拾いしたそうです。

そのときの硬貨が海外掲示板に紹介されていました。

These coins stopped a bullet and saved my great-grandfather's life during World War 1 from r/pics

これはエグい……。

生々しい銃痕から、運よく硬貨に当たっていなければ命を落としていたことでしょう。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●よく考えると、投稿者の人生も救っている。

↑うぉあ!

●これが課金で勝つというやつか。

↑バトルフィールドのアイテム課金はひどい。

↑弾丸1をブロックするのに5ベルギーフランを投入。4枚だと80%を防御。

↑戦争に行く前に出来た子どもも多いけどね。

●「警告すべきだったが、ポケットには小さな銃弾サイズの防弾シールドが入っているんだ。そしてそれに当たれば、自分は助かる」

●もしそれが自分の家族史のひとつなら、博物館の作品のように飾ると思うよ。きっちりと説明したカード付きで。

↑自分もそう思った。写真はすでにストーリーがあるが、もしこれがディスプレイされていたら、良い会話の始まりになる。

↑「人生はチャンスによってよくなるんじゃないんだ、チェンジによってよくなるんだ」(※英語のchangeには小銭の意味もある)

●自分はよくわからないから教えて欲しいんだが、この6枚の硬貨はポケットの中で重なっていたのかな。そして同時に同じところに当たったのかい。

↑投稿者が言ってたが、フィールドで這いつくばっていたらしい。

↑多分こういう感じ。弾丸はこんなアングルでやってきて、コインによって跳ね返る。
第一次世界大戦で曾祖父の命を救ったコイン

↑真に迫っているな。まるでバトルフィールドでその祖父と一緒にいるかのようだよ。

●もし小銭の音が聞こえなけりゃ撃たれてなかったかもしれない。

(投稿者)ははは。実際コインの音が祖父の撃たれた理由だった。

↑もっとストーリーが必要だ。

(投稿者)第一次世界大戦の初期の頃に起こったことで、祖父はドイツと戦うためにベルギーのベブベーケに送られた。そこで撃たれたのだが、胸のポケットに入れていたコインで命が助かったそうだ。

●お金を持ってる奴は長生きするのが実証されたな。


もしこのとき曽祖父が命を落としていたなら、一族みんなの命も存在しなかったわけですね。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(5)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。