2018年11月20日 10:27

ハンターハンターの冨樫先生、散らかった部屋が海外でも話題となる

 

富樫先生の部屋
「HUNTER×HUNTER」「幽☆遊☆白書」「レベルE」など数々の傑作漫画を世に生み出し、海外にも多くのファンを持つ冨樫義博 先生。

天才であることは疑いもないですが、休載が多いなどファンをヤキモキさせることでも注目を集めがちです。

しばらく前に、かつての冨樫先生の部屋とされる、乱雑に散らかったの画像(※真偽不明)が出回ったことがあるのですが、その件が海外掲示板でも話題になっていました。

The room of the creator of such anime classics like Yu Yu Hakusho and Hunter X Hunter has a really trashy room. from r/trashy

こちらが、かつての富樫先生の部屋として出回ったことのある画像。

ざっと検索してみた限りでは真偽について確認できなかったのですが、今になって海外でも話題になり、ファンの関心を受けいました。

掲示板のコメントをご紹介します。

●アニメクリエイターはアニメウォッチャーみたいな生活なの? ショッキング。

↑義理の弟がヘビーなアニメ好き。そしてそれは正しい。

●「HUNTER×HUNTER」が他のアニメのように普通のリリーススケジュールだったらと願うよ。

↑クールなのは自分はグリードアイランド編を見終わったところで、今キメラ=アント編だよ。

↑良い作品だよね。人によっては最高だと言うし、引っ張りすぎとも言うけどね。自分のお気に入りはやはり幻影旅団編だね。楽しんで。

●その男は重大な鬱問題を抱えているんじゃないかな。部屋の汚さと関係していることは多い。

↑それが理由で彼は描くのに永遠の時間を必要としているのかな。年齢が原因だと聞いたが。

↑年齢は全く関係ないと思うよ。それが絶対的な理由だと思う。急に降りかかってくると計画性のない休暇に入らなくちゃいけないんだ。

↑富樫を気の毒に思うよ。(彼が必要な休暇を取れてよかったと思うよ)

↑そうだね。鬱と完璧主義のコンビだね。そして彼は腰痛の問題もあって、パネルに向かって描くのは大きな負担がある。ちなみにトリビアだが、彼の妻はセーラームーンの作家だよ。

↑それは凄いトリビアだ。ありがとう。

↑ありがたいことに彼は他の漫画家のように、バカげているほど厳しいスケジュールではないはずで、彼の作品は大好きだが、彼に良い人生を送って欲しいと思うほうが優先だな。ワンピースの作家の尾田の制作話を聞くと悪夢だよ。
「好きなことをしていれば仕事のようではない」みたいに言われているが、だが自分の時間だって必要だろう?

↑「好きなことをしているなら1日も休まなくていい」なんてのは間違いだね。

●自分場合、鬱が自分に掃除をさせるよ。何しろ他のコミュニケーションにかかる全てのことが自分を気持ちを悪くさせるので、他のことをし出すんだ。

↑自分も証明するが、ちょうど2日かけて掃除した。本当に悪い1年で8か月くらい掃除しておらず、もうこれ以上無理となって掃除したが、きれいな環境は精神的な助けになるよ。

●スケジュールがこんな感じなら
01
理解もできる。仕事のしすぎは本当にジョークじゃないんだ。

●彼はリアルなアニメキャラクターだ。超有能で、完全に未熟なんだ。

↑そして怖いくらいに鬱。

↑それは全部クリエイティブなんだと思っていた。

●友人のひとりかふたり、こんな風に住んでいる人がいるよ。ちょっと見るのは悲しい


ちょっとズレていたり誤った情報が伝わったりしていても、それを元に議論が続いていました。

海外から伝わることも、似たようなことになっていないか、注意が必要ですね。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(11)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。