2018年12月07日 20:00

900年前の金貨24枚とイヤリングがイスラエルで発掘される…十字軍に占領された時代のお宝

 

十字軍の頃の金貨が発掘される00
イスラエルの地中海に面した古代港湾遺跡「カイサリア」から、900年前の金貨と黄金のイヤリングが発見されました。

この地が十字軍に占領されたときに、持ち主が隠したものと見られています。


The Story Behind the Recently Uncovered Caesarea Coins - YouTube

十字軍の頃の金貨が発掘される01
発見されたのは、青銅製のつぼに入った金貨24枚とイヤリングの片方。

十字軍の頃の金貨が発掘される03
つぼは井戸の側壁にあったことから、当時の所有者がここに隠したものではないかと見られています。

十字軍の頃の金貨が発掘される04
カイサリアは1101年に十字軍に占領され、市民の大半は虐殺か奴隷とされたことから、ここに隠したまま回収できなかったのではないかと専門家は述べています。
1101年の十字軍 - Wikipedia

十字軍の頃の金貨が発掘される02
金貨は現地で流通しておらず、当時カエサリアとコンスタンティノープルが貿易関係にあった可能性が示されています。

十字軍の頃の金貨が発掘される05
ちなみに金貨1枚で、当時の一般的な農民の年収に匹敵する価値があったことから、持ち主は富裕層か豪商の可能性が高いとのこと。

この地で起きたことは、ヨーロッパ史でも有数の虐殺・悲劇だったとの表現も使われていました。

現在はエルサレムのイスラエル博物館に展示されているとのことです。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(1)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。