2018年12月26日 23:59

イギリス政府、ペットショップで子犬と子猫の販売を禁止

 

イギリスのペットショップで子犬と子猫の販売禁止
イギリス政府がペットショップで子犬や子猫の販売を禁止する法律を、来年2019年に導入すると発表しました。

悪質なブリーダーや業者によって、劣悪な環境下に置かれている子犬や子猫を減らすのが目的だとのことです。

UK bans pet shops from selling puppies and kittens | Daily Mail Online

イギリスのペットショップで子犬と子猫の販売禁止01
販売禁止の対象となるのは生後6か月未満の子犬と子猫。

この禁止措置によって、子犬や子猫の取引きをするときはショップを通さず、ブリーダー、里親あっせん者、動物保護施設などと直接取引をする必要があります。

この法律によって過剰供給や違法な密輸を防げるのではないかと期待されています。

イギリスでは、かねてより劣悪な環境で人気種を繁殖・飼育する「子犬工場」“Puppy Farms”の存在をペット産業の闇だと批判されてきました。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(10)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。