2019年01月02日 20:30

「2万ワットの電球を自宅でテストしたら…どのくらいまぶしい?」→実験結果がこちら

 

2000ワットの電球01
2019年は明るい話題から。

100ワット電球でも十分に明るいのに、2万ワットの電球を自宅で点灯させたら、どのくらいまぶしいかを海外の男性が実験しました。

Testing a 20 kW light bulb


20,000 Watt Light Bulb Test - YouTube

2000ワットの電球02
この時点で1600ワット。
照明というよりは、よくある電気ストーブですね。

2000ワットの電球03
約5000ワット。
カメラの感度設定は不明ですが、影の濃さから相当まぶしいことがわかります。

2000ワットの電球04
約7000ワット。

2000ワットの電球05
1万ワット。
男性が見えなくなりました。

2000ワットの電球06
そして2万ワット!
真っ白!

2000ワットの電球07
続いては庭で実験。

2000ワットの電球08
だんだん明るくしていき……。

2000ワットの電球09
(たぶん5000〜1万ワットくらい)

2000ワットの電球10
そして2万ワットに到達!

2000ワットの電球11
屋根の上から見た場合。

2000ワットの電球12
この時点で、斜め向かいの壁がとても明るく照らされています。

2000ワットの電球13
そして2万ワット……近所の許可を取っていないと大変なことになっていることでしょう。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●もし彼が近所に住んでいたら、即座に「終わりのとき」が来たと予想したろうな。

↑夜の終わりのときでもある。

↑ナイトタイム(夜)……デイタイム(昼)!

↑参照動画。

Nighttime Daytime Bird - YouTube

●すごくシンプルなオーブン焼きだね。

↑同じことを思った。2万ワットの照明とは、20台のオーブンレンジで周囲を熱しているようなものだ。目の保護はともかく、熱は問題なかったのかな?

↑動画で熱についても説明しているね。初めて実験したときは、まだパワーが半分(10万ワット)の段階で汗をかいていた。

●ご近所さんから愛されることだろう。

↑朝だと勘違いさせる小さな良い方法。

●熱いと思う。

↑それにサングラスもかけないなんてクレイジーだと思う。これは屋内でサングラスをかける良い理由になるな。

●目にも顔にも保護をしていないことに驚き。カタログショッピングで買った電球でも使って無頓着にテストをしているかのようだ。

↑心配するな。彼は安全のために目を細めてる。大丈夫だ。

↑冗談抜きで、溶接するときに、その手法でやっていた男がいたよ。

↑それは危険なときにだけやるもんなんだ。だからそれを「安全細目」と呼ぶ。

●暗闇にいるときのスマホ画面のまぶしさだな。

●で、これはいくつかのベッドのバネに電流を流して、そうしたら庭に太陽が出てきた、みたいな感じの話なんだよね。そうだろう?

●その2万ワットの電球なんて使い道があるのかと思ったが、スタジオなどで使われているんだな。個人的な使い道はないけど欲しい。
2000ワットの電球14
20000 Watt Solarspot | Mole-Richardson Company

↑スタジアムの照明なのかなと思っていた。だが検索してみるとめちゃくちゃまぶしい1万ワットのLEDライトがその目的で使われていた。

●朝日の昇る家。


熱もまぶしさも強烈なため、一般家庭では使い道がないどころか危険ですね。撮影などで昼間を人工的に作るのに利用されているとのことです。 

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(14)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。