2019年01月17日 21:20

絶滅寸前のカエルの「ロミオ」が出会い系でパートナー募集…ついに「ジュリエット」が見つかる

 

絶滅寸前のオスのカエル(ロミオ)00
昨年、出会い系アプリでパートナーを募集したカエルのロミオ君。ジョークではなく本気の募集で、それには切実な理由がありました。

彼は確認されているセイウェンカズミズガエルの唯一の個体で、発見されてから10年が経過。寿命は15年ほどのため、繁殖相手のメスが見つからないと絶滅の恐れがあったのです。

手段を選ばず協力を募った結果、ついに待望の“ジュリエット”が見つかりました。


Romeo and Juliet: the last hopes to save Bolivian aquatic frog - YouTube

絶滅寸前のオスのカエル(ロミオ)01
2008年に南米ボリビアの熱帯雨林で発見され、ロミオと命名された彼は、セイウェンカズミズガエルの唯一の個体として、コチャバンバの両生類研究保存センターで飼育されてきました。

ところがこの10年、パートナーのメスどころかオスも発見されず、ずっと独りぼっちだったのです。

出会い系アプリで募金を募ったところ2万5000ドル(約272万円)が集まり、ボリビアの熱帯雨林でジュリエット捜索チームを結成。その結果、チームはセイウェンカズミズガエルのメスを発見することに成功しました。

絶滅寸前のオスのカエル(ロミオ)02
こちらが“ジュリエット”と名付けられたパートナー候補。

病気などの検査をしてから対面となる予定です。

ちなみに、今回のプロジェクトで発見されたのは全部でオス3匹メス2匹の計5匹だったので、捕獲しなくてもすぐに絶滅に直結するとは限らなかったようです。

少なくともロミオ君にとっては、生涯独りぼっちを避けることができました。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(1)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。