2019年01月30日 22:24

「失職した男性が残りの貯蓄を使ってアピールした結果、再就職先をゲットする」海外の反応

 

失業したときの就職のアイデア00
イギリス人のアダムさんは仕事を失い、貯蓄も少なく、すぐに仕事を探す必要がありました。

せっぱつまった彼は、とても変わった手法を用いた結果……。

見事に再就職先が決まったとのことです。

happy for you adam

失業したときの就職のアイデア01
「最後の500ポンドをこの広告看板に費やしました。
どうか仕事をください。
EMPLOYADAM.COM」

なんと、手持ちのお金を全額投じて広告看板を借り、求職中であることをアピールしたのです。

さらに「アダムを雇用して」という意味のドメインまで取得し、自分アピールのWEBサイトまで構築しました。

彼のサイトでプロフィールを確認すると、ウィンチェスター大学卒の24歳で、一番はメディア関連で働きたいけど、いろんなことができるとのこと。

ここまでした結果……。

失業したときの就職のアイデア02
「最初の給料袋をこの広告看板に費やしました。
みなさんの助力に感謝します。
EMPLOYADAM.COM」

うまく就職できたようです!

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●WEBサイトは本当にあって、その男の動画を見たよ。

↑見たい人はどうぞ。

Employ Adam: Adam Pacitti's Video CV - YouTube
EMPLOY ADAM

●うちのおじは大学を中退したあと、道路のかたすみにこんな看板を持って立っていた。
「まだホームレスではありませんが、仕事を得られなければそうなります」
2日で50くらいの仕事のオファーが来たらしい。

↑どうやったらそんなことが可能なんだ。

↑どこに立つかが重要な気がする。小さな田舎町ではないと思うよ。

●わお、アダムをこのフロントページで見るとは思わなかった。彼は現在Cultaholic Youtubeチャンネルの取締役をやっているよ。プロレス番組を扱っている。

●彼のビフォーの写真がスーツで、アフターの写真がカーディガンなのが気に入った。

●500ポンド(約7万円)の広告看板の費用は、思っていたより安いと思った。合法的でバカな内容の広告看板を掲載する方法を考えなきゃ。

↑実際は660ポンド(約9万4000円)くらいだよ。

↑それでも思っていたより安い。

●2つ目は良い投資だとは思えない。

↑彼の雇用主が2つ目の広告看板代を払ってくれたと、彼が話していた。

↑3つ目はきっともっとひどい。

●やったねアダム。

●“wage packet”(給与袋)って何のこと?

↑昔のイギリスは、全員が給料を現金入りの茶封筒でもらっていて、それをそう呼んだ。

↑週ごとにもらう給料のイギリス的な言い方。


この行動力と発想力は、仕事ができそうなアピールにもなっているので、素早い再就職につながったところもあるかと思います。

2つ目の広告は再就職先が肩代わりしたそうですが、企業の宣伝やイメージアップにつながるので、いい投資になっているかもしれませんね。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(1)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。