2019年02月03日 15:05

マグショット掲載で商売していた運営者が逮捕…自分自身のマグショットも公開される…海外の反応

 

マグショットのサイト
マグショットは逮捕後に撮影される人物写真のことで、アメリカでは警察が一般に向けて公開します。

問題はマグショットが撮られた時点では容疑者に過ぎず、無罪の市民も含まれてしまうこと。

そうした弱みにつけ込んでマグショットを掲載するサイトを運営し、お金を払った人の写真を削除する商売をしていた運営者が逮捕されました。

そして当然ながら、彼らのマグショットも公開されたのです。

Karma is a bitch from r/iamatotalpieceofshit

こちらがマグショットのサイトを運営していた2人の男たち。
Mugshots - Mugshots.com

彼らはゆすり・たかりに近い、人の弱みに付け込んだ手口だと批判されていました。

マグショットで商売して、マグショットを撮られることになるとは、なんという皮肉。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●彼らはマグショットを絶えず掲載するスクリプトを使っていたんだが、ひどいのは掲載者に無罪判決が下されてもマグショットが存在すれば彼らの手に渡ったこと。
すると犯罪をしてないのにサイトに掲載されてしまう。それは無罪の人々の人生を台無しにしてしまうんだ。
訴訟もされたが(マグショットが)公共用途なので何の手立てもなかった。ようやく打撃を与えられて良かった。このゴミどもは100%やっていることがクズだとわかっていて、長い間運営していたのだから。

↑親友が付き合っていた彼女と別れただけで、DVだと言われて逮捕された。相手の女は拘留されれば、自分を恋しがってくれると思ったらしい。
裁判所が開かれなかったので、彼は休暇の週末を拘留所で過ごした。もちろん告訴は取り下げられたが、彼はそれを理由に一切の仕事に就けなくなった。

↑彼女はそのことで告訴されたのかい?

↑誣告罪(ぶこくざい)は滅多に罰されない。

↑誣告罪は証明が難しいんだ。同じように実際のDVもなかなか起訴されないんだけどね。

●マグショットはないけど、そのサイトに自分のファイルはある。そしていまだに消すための請求をしてくる。17歳のときの逮捕だが職に就けなくなった。僕の名前を検索すると最初にそのサイトが出てくるよ。

↑対策するには、自分の名前のドメインを買うんだよ、そしてたくさんのポジティブな内容をその名前に関連付けて書くんだ。FacebookやTwitterのようなソーシャルサイトにもリンクさせるといい。全てのネガティブな内容はどんどん埋もれていく。
そして彼らに絶対に払ってはいけない。彼らは他のクズサイトと情報を共有してリンクしているからね。

●どうやってマグショットを検索するの?
うちの雇用主がオレの背景をチェックしたとき、オレの写真は見つけられなかった。

↑アメリカの法律のことは100%知らないが、マグショットを含む逮捕歴は公共の記録となると聞いている。

●家族がつらい思いをしている。何年も前に愚かな間違いを犯し(身体的に自分以外、他人は傷つけていない)、このサイトのせいで家族のマグショットはいまだにネット上にある。その後、心を入れ替えてやり直しを試みた。このマグショットは何年経っても彼の機会を何度も台無しにしたよ。こいつらはクソ食らえ。

●マグショットを公共の記録することの問題は、逮捕された理由が証明される前に有罪と推定されること。警察が逮捕した人々が全て自動的に有罪なら、処罰を言い渡すだけで裁判所は存在しないのと同然。
ほとんどの人は逮捕されたことはないので、実際に逮捕された瞬間から全ての法律制度が、その人の信用を落とし、品位を落とし、無力化させるデザインとなっていることを想像もできない。
お金のない人は保釈金も払えない。拘留所はそんな人々でいっぱいだ。そして出られるかを不安になりながら待っている。ときには自由になる最も良い選択は有罪を認めることだったりもする。

●公共の記録に残るのは制度の最悪の側面だ。インターネットの何もかもが永遠であることを考慮すると、記録を削除してもらっても、別のクズがゆすり始めて雇用を不可能にするんだ。

↑最悪だね。このマグショットは有罪判決を受けたものではなく逮捕時のものなのか。完全に無罪でもマグショットが残るなんて。

●おい、自分もそのサイトに載ってるぞ。


多くのアメリカ人が、現状のマグショット制度の問題を指摘していました。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(3)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。