2019年02月06日 00:27

インドネシアで新品種のドリアンが11万円で販売…すぐに売れる

 

10万円以上するドリアン00
とろけるような美味しさから「果物の王様」とも、「濡れた靴下を放置したにおい」とも形容されるドリアン。

インドネシアのスーパーマーケットで、新しい品種が1400万ルピア(約11万円)で販売され、買い手が付いたと話題を呼んでいます。

10万円以上するドリアン01
こちらが新しい品種の「Jクイーン」。

複数の高級品種をかけあわせて開発したもので、通常のドリアン(楕円形)よりも球形で、果実の色が濃いのが特徴。

1本の木から3年に1回だけ、20個しか収穫できないのだとか。

西ジャワ州タシクマラヤのスーパーマーケットでは4個が販売され2個がすぐに売れ、残りの2個も買い手の見込みが立っています。

地元の労働者の8か月分の給与に相当する値段ですが、開発者は農家の利益向上に繋がればと思い、価格を決めたとのことです。(通常のドリアンは数百円程度)

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(5)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。