2019年02月07日 00:13

ニューヨークのマンションの最上層がアメリカの住宅価格として史上最高額で売れる…驚きの値段は?

 

ニューヨークのマンション最上階が260億円で分譲00
ニューヨーク・マンハッタンの79階建て高層マンション“220 Central Park South”の最上層が、アメリカの住宅価格として史上最高額で売れたとニュースになっています。

購入したのはヘッジファンド大手のシタデルの創業者、ケネス・グリフィン氏。

その値段はというと……。

ニューヨークのマンション最上階が260億円で分譲01
なんと2億3800万ドル(約261億円)!

1部屋ではなく、1フロアですらなく、最上階から数フロア丸ごとで、広さは2200平方m以上。

どんな作りになっているのか想像もできませんが、それにしたって常軌を逸した価格ですね……。

ちなみにグリフィン氏は2017年だけで14億ドルの収入を得ているとのことです。

これまでの最高額は2014年の1億3700万ドル(約150億円)。ニューヨーク郊外のハンプトンズにある住宅だそうです。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(2)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。