2019年02月09日 15:11

「ビールとワイン、飲む順番で二日酔いに違いは出る?」ドイツの研究チームが実験した結果

 

ビールとワイン
お酒好きにとって悩みの種である二日酔い。

酒量が影響するのは言うまでもないですが、飲む順番によって酔い方に差は出るのでしょうか。

ドイツの研究者が、ビールとワインを飲む順序を変えた場合に二日酔いの症状に違いが出るのか実験を行いました。

'Beer before wine' theory makes no difference to hangover

結論から述べると、
「飲む順番を変えても二日酔いの症状に変わりはない」
とのことです。

実験は19〜40歳のボランティア90人を対象に行われ、用意されたのは2杯半のビールと白ワインのグラス4杯。

ビールから飲んだグループと、ワインから飲んだグループに分け、1週間後に今度は逆の順序で飲んでもらいました。

その結果、どちらの順序であろうと、二日酔いの程度に違いは出なかったとのことです。

ちなみに二日酔いの症状が顕著に出たのは、飲んでいる間に吐いた人だったそうです。

お酒は節度を持って飲むべきということですね。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(4)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。