2019年02月16日 00:42

古代の超巨大ザメ『メガロドン』が滅びた理由に新説…「あの生き物」との生存競争に負けた

 

メガロドンの絶滅理由00
ホホジロザメの数倍の巨体を持つ古代サメ「メガロドン」は、数百万年前に絶滅したと考えられていますが、その理由については諸説あり、はっきりしたことが分かっていません。

チャールストン大学の研究チームが、絶滅理由はある生物によるものだと学術論文をPeerJ誌に掲載しました。

Prehistoric Megalodon Shark May Have Been Killed Off by Great White

メガロドンの絶滅理由01
チャールストン大学の研究チームによると、化石を正確に分析し直した結果、これまで260万年前に絶滅したと考えられてきましたが、100万年早い360万年前には絶滅したとのことです。

そして研究チームがメガロドンを絶滅に追いやったと考えているのは、ホホジロザメ。

ホホジロザメの3倍のサイズのメガロドンが直接戦いに負けたわけではなく、より機敏に泳ぐホホジロザメにエサを奪われ餓死した可能性が高いと結論付けています。
(※浮袋を持たないサメ類は巨大化するほど遅くなる)

メガロドン - Wikipedia

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(6)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。