2019年02月18日 21:16

「小1のときに書いた課題のプリントを読み返したら…感心した」

 

「小1のときの文章を読み返したら…感心した」
小学校の低学年の頃は書く練習をさせられますが、どれくらいの文章力があったのかは、当時の答案を振り返ってみないとわからないものです。

海外の男性が、小1のときの課題を見て「思ったより自分はできる子だった」と感心していました。

課題はプリントの空欄を穴埋めするもの。
「もし1つだけ願いが叶うなら、お母さんの願いはきっと『  』」

回答は……。

Wrote this in 1st grade, didn’t realize how smart I was from r/KidsAreFuckingStupid

「もっと良い息子」

あまり自分は良い子じゃないという自覚があったようです。実際に母親が願っていたことは不明ですが……。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●これはおもしろく悲しい。

●自分のことを良い子だと6歳が思ったらちょっと変だと思う。
自分が6歳のときはウェイターになりたかった。両親がテーブルにチップを置くからね。6歳児は変わったアイデアを抱くものだ。

(投稿者)当時は自分の言葉の重みは全くわかっていなかった。ただ自分はもっといい子になるべきといいたかったのだと思う。

↑もしかしたらその前の晩、お仕置きを受けていたのかも。

●その年齢の頃、自分はレジで働きたかった。そんな楽しそうな仕事じゃないかもしれないけど、レジ係がもらえるお金の量ったら!

●4〜5歳の頃の夢はマクドナルドのレジ係。

●子どもはダークだな。

●お母さんが見たときなんて思ったんだい?

(投稿者)もう覚えてないな。でも昔の物をいろいろ見ていたら、母親にバカげていると言われたよ。

↑自分なら子どもがこれを書いたらちょっと心を痛める。

●自殺の言葉みたいだな。

●そういうセリフをその時に言ってるなら、すでに良い息子だと思う。


コメントにもあるように、実際には叱られたばかりで、良い子じゃないと言われたのかもしれませんね。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(0)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。