2019年02月20日 12:30

外国人「日本は衣類のサイズに関して優しくないようだ…」洋服のサイズ表記が注目を集める

 

日本はサイズに対しては辛辣である
日本の衣服のサイズ表記はS・M・L〜が一般的ですが、輸出入の機会も増えてユニバーサル表示も見かけるようになりました。

とある日本製の衣類の表示が外国人の目に留まり、驚かれてました。

どんなサイズだったかと言うと……。

\ from r/PewdiepieSubmissions

サイズ:“FAT”

FATは日本語で言ったら「デブ」と表記してるくらいの直球の言葉なのです。

フリーサイズを表しているのかもしれませんが、英語圏の人がこれを見ると辛辣に思うようです。

SNSでは「日本は決して衣類のサイズを甘い言葉で表現しない」と説明されていました。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●ありがとう、日本! とてもクール。

●サイズ:US

↑サイズ:あなたの母親

↑サイズ:あなた

●破壊力:1000

↑打ちのめし:1000

●FATサイズは肥満サイズより小さい?

↑FATはアメリカのMサイズ。肥満はさらに大きいだろう。

●サイズ:McFAT

●その手から判断すると正しい。

●OK。

●きっと相撲サイズがあるんだよ。

●日本は本当にFATが嫌いなんだよ。


検索してみる限りは、FATをXL相当としているメーカーもあるようですが、外国人相手には少々きついようです。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(11)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。