2019年02月20日 20:11

「これだからウソはついちゃいけない…」履歴書にハッタリを書いた友人の悲劇

 

履歴書で詐称した友人の悲劇00
履歴書で自分を良く見せようと、話を盛りたくなる気持ちはわかりますが、明確なウソを書いてしまうと自分の首を絞めてしまいます。

出まかせを書いてしまった人に起きた悲劇が、海外掲示板で話題になっていました。

That’s why you don’t lie, kids. : Wellthatsucks

「友人は履歴書に15歳のときにピアノをマスターしたとウソを書いた。そして今週の金曜日の役員会議で、それを披露するように言われたそうだ」

自分のウソに自分が泣くケースですね。いったいどうするのでしょうね。

そのあとで……

履歴書で詐称した友人の悲劇02
「友人は今となりに座って、『必死で最も痛くない指の骨折のしかた』をもう30分もググっている」

ウソがばれないように必死のようです。どうこれを切り抜けるのかが気になるのか、話題となっていました。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●「手根管症候群があるので無理」と言い訳すればよかったな。

↑「当時から弾いてないのです……そして事故が」

↑「ボス、もうピアノを見ることもできないのです」

●あるいは母親の死をエピソードに加えて、トラウマによるパフォーマンス不安症を伝える。

↑それはこれからの仕事のパフォーマンスに支障をきたす上に、クビになるかもしれない。

●何か事件があって強烈なステージ不安症。

↑「事件に巻き込まれた2人はまだ意識不明で、自分も週1のリハビリカウンセリングに行ってるのです」

●コメントでみんなが言ってるやつのほうが簡単に思える。
単に遠くを見つめて「もう弾かないんです」そう言って目を拭いて、近くのトイレへ行く。それでいける。

↑さては「四月は君の嘘」を見たな。
四月は君の嘘 - Wikipedia

●実際に骨折しなくていいだろう。包帯だけ巻いてたらいいだけだ。

↑君はプロのうそつきだな。

●オーストラリアに5か月旅行に行く予定があると言えばいい。

↑イエメンに行くべき。

●母親が死んで以来、もうピアノを聴くことも耐えられないと言えば良い。

●履歴書の嘘がそれだけなら、まだ大丈夫かもしれない。

↑普通に拒否できないの? すみません、できないのです、あるいはやりたくないのです、というように。断ることでクビにはならないよ。

●きっと15のときにマスターはしたが16歳から弾いてないんだ。


言い訳の例がいろいろ出てくるあたり、かなりの人がウソに慣れている気もします。バレて困るウソはつかないのが一番ですね。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(8)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。