2019年03月07日 21:48

「イタリア人の娘を妊娠させた男が家にやってきた…」というお話

 

「イタリア人の娘を妊娠させた男が家にやってきた…」
イタリアの18歳の娘に「もう2か月ほど毎月のものが遅れているの」と伝えられた母親。心配して薬局で妊娠検査薬を買ってくると少女は妊娠していました。

怒鳴ったり、ののしったり、泣きわめいたりしながら、母親は言いました。
「いったいどこの馬の骨がそんな無責任なことをしたの? 話しなさい」

An 18 year old Italian girl tells her mom that she has missed her period for two months.

少女は電話を取り出してコールしました。

30分ほどしてフェラーリが家の前にやってきました。車から降りてきたのは、アルマーニのスーツを着た、いかにも分別のありそうな成熟した男性でした。

男性はリビングに少女と両親といっしょに座り、こう切り出しました。

「おはようございます。娘さんから問題があると聞きました。しかし私は個人的な家族の問題があって、彼女とは結婚はできないのです。ですが責任は取ります。娘さんが一生暮らせるだけの費用を支払います。

子どもが女の子だったなら、その子には遺産としてフェラーリ、ビーチハウス、2軒の店舗物件、タウンハウス、海の見える別荘、そして口座に現金2億円を遺します。

男の子だったなら、遺産として工場2つと現金4億円。

双子が産まれたなら、それぞれに工場1と現金2億円ずつを遺しましょう。

ですが、もし流産だったとしたら、どうしたらいいと思いますか?」


それまでずっと黙っていた父親は、我慢ならない表情で手を強く男性の肩に置き、こう言いました。

「もういちど娘に手を出してくれないか?」


教訓:甲斐性は全てを解消する……。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(9)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。