2019年03月09日 19:30

少女が動物病院に「猫のぬいぐるみ」の診察を依頼…獣医の対応に感動

 

少女が動物病院に猫のぬいぐるみの診察を依頼…獣医の対応に感動00
アメリカ・ワシントン州に住む女の子・ジャズミンちゃんは、ある日お気に入りのぬいぐるみの足に小さな傷を発見。

近所の動物病院に診察を依頼することにしたそうです。

心優しい獣医さんの対応が、世界中で感動を呼んでいました。

少女が動物病院に猫のぬいぐるみの診察を依頼…獣医の対応に感動01
家族が動物アレルギーのため猫が飼えず、代わりに両親からプレゼントされた猫のぬいぐるみ「ドニー」を親友のように大切にしているというジャズミンちゃん(6歳)。
ある日ドニーの右前足に傷を見つけてとても心配していたことから、彼女の母親が動物病院に相談すると、病院は快く診察を引き受けてくれたそうです。

少女が動物病院に猫のぬいぐるみの診察を依頼…獣医の対応に感動02
診察当日、ジャズミンちゃんは受付でドニーの状態を説明。

少女が動物病院に猫のぬいぐるみの診察を依頼…獣医の対応に感動03
ドニーの体重測定もお手伝いしました。

少女が動物病院に猫のぬいぐるみの診察を依頼…獣医の対応に感動04
そしてついにドクターによる診察が開始。ドニーは「ビルド・ア・ベア(Build-A-Bear)」というメーカーのぬいぐるみで、心臓の音が鳴る機械が内蔵されていたため、ドクターは聴診器を当てたときに本当に心音が聞こえて驚いたそうです。

少女が動物病院に猫のぬいぐるみの診察を依頼…獣医の対応に感動05
傷の部分に包帯を巻いて、診察は無事に終了。ドクターは自宅でのケアについて、「ドニーが回復するまで、たくさんの愛でハグしてあげてね」とジャズミンちゃんにアドバイスしました。

この出来事が動物病院の公式Facebookで公開されると、すぐさま世界で話題に。多くの人々の心をほっこりさせていました。

事情があってペットが飼えない家庭でも、周囲の大人の行動次第で子どもはたくさんのことを学べるのでしょうね。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(2)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。