2019年03月14日 13:03

「常識的なことなのに、何年もやり方を間違えてたことはある?」恥ずかしい失敗いろいろ

 

オレもう何年もやりかた間違ってた
人間は完璧な生き物ではないので、誰かに指摘してもらうまで、常識的なことを勘違いしていることがあるものです。

「数年間もやり方を間違っていたと気付いたことはありますか?」
この質問に対する、海外掲示板の回答をご紹介します。

What's an 'oh shit' moment where you realised you've been doing something the wrong way for years?

●3年ほどブルーの電子レンジを使っていた。家族に引っ越しギフトとして贈られたものだ。それまで青い電子レンジなんか見たことなかったのでクールだなと思っていた。ある晩、友人が「なぜ青いビニールラップを取らないんだ?」とはがし始めた。なんてこった、電子レンジはシルバーだったよ!

↑うちの両親もそれをやっていた。

●新しい都市に引っ越してコインランドリーに行くと、そこで働く外国人女性が理解できない言葉で叫んできた。
ジェスチャーでコミュニケーションをとると、どうやら「間違った洗剤を間違ったところに入れている」と彼女は怒っているようだ。でも、自分は同じものを大学のときから8年も使っていた。そこで判明したのは、自分は洗剤を使わず柔軟剤だけで洗っていたこと。においは良かったので気づかなかった。

●家族がいつもバスルームにコップを置いていたのでそれは歯を磨いたあと口をゆすぐものとか、夜中に起きたときに水を飲むのに使うものだと思っていた。
同じコップがおばあちゃんの家にもあった。自分はのどが渇いた時にはいつも使っていた。するとある日「それを使っちゃいけない。それはおばあちゃんの入れ歯入れだ」と言われた。

●子どもの頃、カップケーキやケーキに付いている紙は食べられると聞いた。友だちに指摘されるまで、もう10年くらい食べていた。

↑そんなところを見たら自分は恐ろしくなると思う。

●出張を頻繁にするのだが、最近ようやくノートパソコンのバッグには、スーツケースの取っ手に付けられるストラップがあることを学んだ。

●独学でクラリネットの演奏を学んだ。6か月経って、マウスピースが逆さまだと誰かに言われた。

●やかんに水を入れるときは、いつも注ぎ口から入れていた。両親がいつもそうしていたからである。真ん中は装飾で機能していると思っていなかった。なぜ自分は今まで疑問に思わなかったのかわからない。

●トイレで用を足すとき、ズボンを一番下まで降ろしていた。

●線香の火のつけ方を知らなかった。友達に火は吹き消すものだと言われた。

●ナスを食べるといつも「かゆい」味がした。ある日、子どもに食べさせたら顔が真っ赤になり、ナスを触るたびに赤くなった。そこで親子でナスアレルギーがあることを知り、「かゆい」は味ではないことを知った。

●コーヒーに入れるクリームのカプセルのふたが取れると知らなかった。いつも突き刺して穴を開けていた。

●自分がバカじゃないかを確認するために、必死でここのスレをチェックしている。


親が勘違いしていたり変わった習慣があったりすると、他人に指摘してもらうまで気づきにくいこともありますね。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(12)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。