2019年04月08日 12:26

フランスの海岸に30年以上も「猫のガーフィールドの電話機」が漂着し続けてきた…ようやく謎が解ける

 

ガーフィールドの電話00
フランス西部の海岸には、1980年代から猫の漫画キャラクター「ガーフィールド」の電話機が大量に漂着し続け、その理由はずっとわからずじまいでした。

しかし30年以上が経過した今、ついにどこからやって来たのか謎が解けたそうです。

A 35-Year-Old Garfield Novelty Telephone Mystery Has Been Solved


Le mystere des telephones Garfield echoues enfin resolu - YouTube

ガーフィールドの電話03
長年にわたり砂浜に漂流し続けてきたガーフィールド型の電話機。

ガーフィールドの電話02
これほどの数が砂浜に打ちつけられても、どこからやって来るのかは不明でした。

ガーフィールドの電話04
しかし干潮時のみ入ることのできる洞窟で、そのミステリーの謎がついに解けたのです。

ガーフィールドの電話05
洞窟には貨物船から流出したと思われるコンテナの残骸があり、その付近に23台のガーフィールド電話が散らばっていたのです。

発生源は突き止められたものの、コンテナがいつ、どの船からここに漂着したかについては、いまだ謎のままであるとのことです。

ガーフィールド電話がどんなものかは、こちらの動画をご覧ください。

Cool vintage Garfield phone - YouTube

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(2)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。