2019年04月08日 20:27

ジンバブエ裁判官の「かつら」購入に公費1700万円を費やしていることが発覚…批判を浴びる

 

ジンバブエ裁判官のかつら00
アフリカ南部に位置するジンバブエ共和国。

裁判官の「かつら」購入のために多額の税金が使われていたことが発覚し、非難の声が上がっています。

Zimbabwe lawyers blast £118 000 outlay on judges' wigs

バッハのようなデザインのかつらは裁判官が法廷で身に付けるためのもので、輸入先はイギリス。

こうしたかつらを着用する理由は、イギリスの植民地だった頃のなごりだそうです。(※1980年に独立)

ジンバブエ裁判官のかつら01
Zimbabwe judge wig - Google 検索

素材は馬の毛で1点あたり1850ポンド(約27万円)するものを計64点、総額11万8400ポンド(約1700万円)で購入していました。

現地のジャーナリストなどは、現在ジンバブエの財政が苦しく子どもたちに必要なものが買えない状況で、おぞましい植民地時代の伝統を守るためにお金を使い過ぎだと批判しています。

一方でこうした伝統的な格好は、法廷で人々の尊敬を集める役目を果たしていると反論する人もいるとのことです。

伝統は理解できますが、コストを抑えた代替品に置き換えるあたりが現実的でしょうか。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(9)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。